« 13沖縄♪ モントレ沖縄 お部屋編 | トップページ | 13沖縄♪ モントレ沖縄 施設編 »

2013年7月11日

初練習試合0707

大学バスケの翌日、今度は中学バスケの練習試合が入りました。

まだボールハンドリングやパス・ステップ等の基礎練習しかしていない新チーム。このタイミングで練習試合を行うとどうなってしまうのでしょう。

対戦相手のM田三中は昨年度何度となく戦ったライバル校ですが、ここも先週3年生が引退してしまい、我がチーム同様に新チームほやほや状態です。

ほやほや同士のドタバタした展開が期待できそうです。

さて注目の試合ですが、この日はフルゲーム式ではなく、8分ゲームで複数回まわすパターンで行いました。

またこの日の我がチーム参加人数は1・2年合計で11人。全員をある程度平等に出して、そのパフォーマンスを確認したかったので、A:5人とB:6人でメンバーを分け、それぞれのチームで8分ゲームを戦ってもらった。

ディフェンスはハーフのマンツーマン。ハーフからマークマンへのパスを予測してカットを狙え。オフェンスは速攻を中心に1対1で攻めろ。指示はこれだけでした。

本来なら昨年度から練習したチームプレイをやらせても良かったのですが、あえてチーム編成に組織プレイの分かっていない1年生を入れたことで、やるべき内容を本当にシンプルにし、チーム内でコミュニケーションを図りながら進めていくパターンを選択しました。

しかしそこは新チーム初練習試合。コミュニケーション以前に無我夢中になってしまい、ボールを持つとロケット花火のように飛んで行ってはパンと鳴っては落ちていきます。

唯一試合経験のあるセンター境もこの日はパニックしながらのプレイで確率が悪く、境が決められないとなると当然波に乗れません。

ただし、パニックになっているのは相手も同じこと。時間帯によってはドッジボールの様な展開も見られました。

またいきなり試合デビューを果たした1年生ですが、PGとして期待している大滝や角田はサイズこそありませんが持ち前のスピードを生かし、こちらの期待以上のプレイを見せてくれました。

とはいえ、期待以上のプレイとはいっても試合の勝敗を動かすレベルには現状到らず、チームとしてこの日は引き分け以上の結果を出すことは出来ませんでした。

選手達としてはあっという間の練習試合だったと思いますが、ビデオを撮影したので後程みんなで反省会を行いたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 13沖縄♪ モントレ沖縄 お部屋編 | トップページ | 13沖縄♪ モントレ沖縄 施設編 »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 13沖縄♪ モントレ沖縄 お部屋編 | トップページ | 13沖縄♪ モントレ沖縄 施設編 »