« 朝食 @イル・テアトロ | トップページ | 流行りのフレーズ! »

2013年9月11日

13 全日本インカレ 1500M

Dsc_7535

2020年東京五輪のメイン会場となる 国立競技場

現在の国立競技場は 1964年東京五輪の際に建設されたもので、 来年取壊し、2019年に新国立競技場として 生まれ変わる

関東インカレ、全日本インカレの 会場としても おなじみの 国立競技場
取壊し前の 最後の全カレとなった。

東京五輪が決定した日曜日には 全カレ開催の中 聖火台が灯された

今年の全カレは初日しか 観戦できなかったのが、今となっては非常に残念だった 

初日の競技では 1500M と 10000M が 注目種目

応援している 東海大は 10月に 箱根予選会を控え、今年は 1500M と 3000MSC しか エントリーしておらず、個人的には 淋しいものが ある
2年連続 予選落ちはできないので 仕方がないところだが。

1500M に エントリーしたのが 冨田三貴選手(3年) と 畔柳隼也選手(1年)
チームメイトは 夏の総仕上げの北海道合宿中

1500Mの予選は 二組
1組目に 登場の 冨田選手
優勝候補の 油布選手(駒沢大)が 終始トップで 集団を引っ張る
冨田選手は 上位4名の着順通過を目指し、果敢に前にでようとするが、 順位争いが激しい

残り1周で7人の大きな集団で通過
バックストレートで やや順位を落としたが、ラスト200Mで盛り返し、組4着で 決勝進出を決める。(4位 3分49.40 PB)

Dsc_7663

2組目 の 畔柳選手
1組目より 遅いペースの集団中ほどに位置するも なかなか 前にでてこれない
17名の大きな集団で最終1周の鐘 
その直後 山梨学大の選手が大きく転倒、何人かが巻き込まれる
畔柳選手は 巻き添えにはならなかったが、ホームストレート前にを出し切ってしまったようで 順位を上げることができなかった (12位 3分56.50)

同日約3時間後に行われた 決勝
このレースも 油布選手が 序盤からレースを引っ張り 予選よりタイムを上げて 優勝
強さをみせつけた。

1378807513ehzxryrgdojd_bl1378807508

予選で好レースを見せた 冨田選手だが、決勝では 序盤後方に位置したのが仇になった

早々に縦長になってしまった 集団で 猛追はするが 順位をなかなか上げられない。
入賞争いをするのが精いっぱい

それでも 最終周意地を見せて喰らいついて 入賞を狙う

が 最後わずかに及ばず 9位でフィニッシュ

タイムも 3分51秒76と予選より落としてしまった。

|

« 朝食 @イル・テアトロ | トップページ | 流行りのフレーズ! »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝食 @イル・テアトロ | トップページ | 流行りのフレーズ! »