« ホテル椿山荘 | トップページ | 全日本学生陸上競技観戦! »

2013年9月 5日

脱!弱小

最初から分かっていたつもりでしたが、中学バスケチームの夏季大会惨敗はやはり辛いところでした。

成長してきたとはいえ、元々の体力や体格など市内中学生の中でも底辺に近いレベルでしたので、ちょっと練習したからとはいえそう簡単に勝てるチームにはなれません。

試合後に顧問の先生と随分話し合いをしましたが、今できることをやらねばと考えた結果、少しでも経験値を上げる為に週末に練習試合を多く組むことにより、上手いよりも強くなろうという結論に至りました。

そこで来月頭にある中間試験までに多くの試合を組む為に各校へ連絡を始めたり、外部団体が主催する大会に応募したりと積極的にアクションをかけました。

その結果ほとんどの週末に強化試合を組むことが出来、平日の練習ではそこで試すための練習を集中的にこなすこととなった。

まず最初に練習したのは夏季大会のビデオと分析表から見た具体的反省点への修正練習です。

夏季大会はマンツーマンしかやりませんでしたが、ハーフで捕まえるパターンとオールでやるパターンの2つを実施し、その結果ハーフから捕まえるパターンの方がミスが多いことが分かりました。

これはボールの無いところでの1対1におけるディフェンスの甘さが露見したもので、特に相手が勢いで抜こうとする場面では全くマークマンを捕まえることが出来ていませんでした。

それとスクリーンにおける対処が出来てなく、エンドスローにおける相手のスクリーンはほぼやられてしまい、スイッチなどで対応することが出来ませんでした。

昨年度練習したもlのなので多少は理解出来ていると思い込んでいた私のミスですが、ここで改めて練習するので今後は修正出来ることでしょう。

これ以外にもトラベリングを無くす為の基本姿勢の修正やドリブル・パスの強度の修正。これ以外にも数多くの修正練習を行いました。

なお彼らには練習前に試合のビデオを見せて、具体的に修正点の確認もしたので、あとは平日練習での中身の濃さと集中力が重要かと思います。

脱弱小。いつもでも弱い集団でいるのでなく、少数精鋭な集団となってもらいと思います。

|

« ホテル椿山荘 | トップページ | 全日本学生陸上競技観戦! »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホテル椿山荘 | トップページ | 全日本学生陸上競技観戦! »