« 東京国体 少年男子5000M | トップページ | 大学リーグ6週目 »

2013年10月 8日

練習試合1005

定期試験が終わり、ようやく活動体制に戻った中学バスケチーム。

試験明けにはしっかり走る練習を行い、かなりひーひー言わせたその翌日。新人大会に向けた練習試合を行った。

今回は同じ市内のO山中と、お隣T摩市からT牧中を呼んでの3校戦となった。

このT牧中とは夏休みにも一度お願いしたのだが、この時には基本能力の違いから全くついていくことが出来ませんでした。しかし、あれから随分練習を積みましたし今回は何か変わることを期待。

しかし我がメンバー達の表情は一様に優れず、理由を聞くと前日の走り込み練習でかなりの筋肉痛になったとのこと。

試験期間中全く動いてなかったことのツケがまわったということでしょうが、痛くても戦ったもらいたいところ。

早速T牧中との試合が始まりましたが、試験明けというのはどこも同じ様で、T牧中の動きもどこかぎこちなく固い感じ。

そんなT牧中がもたついているところでFW山越やPF北沢がシュートを決め、さらにはC境が奇麗なミドルを決めると得点差はみるみるつていきます。

前回快勝したT牧中としては楽勝をイメージしていたのでしょうが、これは後半(ハーフゲームの後半8分)も変わらず、結局こちらはベンチメンバーを入れながらも41-18と快勝することが出来ました。

この結果は嬉しかったのですが、運動不足状態は我がチームも同じで、次のO山中の試合からFW山越やC境の動きが鈍くなり、ここ一番でのイージーミスが連発。更にO山中のディフェンスを弾き飛ばすことが出来ず、試合は接戦ではありましたが勝利することが出来ませんでした。

またリザーバー同志でも試合を行いましたが、ここでは速攻が出た我がチームがいい試合を展開し、勝利することが出来ました。

試合が終わるころにはかなりバテバテになってしまったメンバー達。本番は来週末なんですよ!

ここでの反省点をしっかり分析し、平日練習にて修正し、少しでも大会初戦に生かせる様にしたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 東京国体 少年男子5000M | トップページ | 大学リーグ6週目 »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京国体 少年男子5000M | トップページ | 大学リーグ6週目 »