« ラスト・勝沼か? | トップページ | 15年ぶりの出雲覇者 »

2013年10月15日

セカンドステージ2・3戦目

大学バスケは13日、リーグ戦セカンドステージ2戦目を行った。

対戦相手は1次リーグを2位で抜けたR教大である。

前回は立ち上がりから一方的にやられてしまった相手ではありますが、セカンドステージではリベンジを図りたいところ。

ポイントはマンツーマンディフェンスの強化で、ボールマンには近づき、ボックスアウトからの速攻を出すことを徹底することを目標とした。

試合が始まるとR教大はいきなり綺麗にミドルシュートを決めてきましたが、全般的に前回の対戦よりも簡単にシュートを放ってきた感じがし、その結果シュートが外れると我々は比較的簡単にカウンターを出すことが出来ました。

ただ、力む我がチームはそのカウンターを決めきることが出来ず、1ピリを7-15と8点ビハインドで終える。

7点しか取れないのは問題でしたが、ハイスコアのR教大を15点で抑えたのは評価できます。

このパターンは2ピリに入っても変わらず、前半を20-28で終えた。

ロースコアの8点差というのは我がチームとしてはチャンスです。これは後半逆転が見えたかと思いましたが、前半から見えた我がチームの「力み」は後半になっても変わらず、頑張っている割には得点に結びつかない状況に選手達はフラストレーションが溜まるだけで3ピリを終えて28-50と得点差が開いてしまいました。

がっくりするメンバー達。4ピリはリザーブメンバー達が奮闘しましたが事実上3ピリで勝負がついてしまいました。

最終スコア42-71。スーパーエース不在の今季チームは集中力とディフェンス力がキーでしたが、後半に集中力の切れたところでR教大に連敗となってしまいました。

また、翌日に行われた3戦目ではY梨学院大相手に何とか競り勝ちましたが、我がチームと同じく入れ替え戦の切符獲得に向けて戦っているT京成徳大が、この日1位のJ天堂大に勝利したことから、来週行われるリーグ最終戦のT京成徳大との試合がまさに入れ替え戦を賭けた1戦になることが確定。力が入ります。

どうなるか分からなくなった今季3部リーグ。R教大とJ天堂大のどちらが優勝するのか?そしてうちとT京成徳大のどちらが3枚目の入れ替え戦切符を獲得するのか?激熱必至です!

|

« ラスト・勝沼か? | トップページ | 15年ぶりの出雲覇者 »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラスト・勝沼か? | トップページ | 15年ぶりの出雲覇者 »