« 壁は髙かった | トップページ | 3枠じゃ足りない »

2013年10月28日

ビデオで反省

新人大会終了後、しばらく気力が抜けてしまい、本当に何もする気が起きませんでしたが、思い出すのは大敗した試合のことばかりでムカムカするばかり。

これはもう現実と向き合いながら具体的な反省点を見つけて、これをどう修正してどこへ導くのかを考えるしかありません。

ビデオをテレビに接続し、試合の頭からじっくり見ました。

立ち上がりはセンターにもボールが入り五分の展開。これは良い。

しかし1番から3番プレイヤーのパスミスを中心としたターンノーバーが多すぎて、これを見事カウンターとして決められては…こりゃ勝てません。

繋ぎのパスのスピードやドリブルの弱さ。この現実を選手達にも自覚してもらわねば先に進めないでしょう。

それとこちらのキーマンである境ですが、ハイポもしくはローポ付近で彼にボールが入ると3人から4人がディフェンスで境を囲んでいました。これを押し切れるほどのパワーは未だありませんし、無理に押し込んで行ってもバイオレーションやヘルドボールになるのが関の山。

これらミスプレイを数値にしてみると相手との違いが歴然となり、こういったところに反省点・修正点があるのだと思います。

またチャンスに速攻が出ないのも気になるところ。

脚力のある大学生ばかり見ていると、チャンスに速攻が出るのは当たり前では…と勘違いしてしまいそうですが、まだ彼らはそんな速攻を出す力すらないのです。

課題は山積みですが、少しでも前に進むよう練習内容を考えていきたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 壁は髙かった | トップページ | 3枠じゃ足りない »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 壁は髙かった | トップページ | 3枠じゃ足りない »