« 死角なし か、、、 | トップページ | 雲の上の話…? »

2013年11月19日

13 上尾ハーフマラソン

今年も行ってまいりました 日曜日の上尾ハーフマラソン
朝からの晴天で レースが始まる頃には 暖かく風もなく穏やかな観戦日和
レース参加者としては 陽射しもあったので やや暑い感じだったかもしれません

レースは 前半は割と落ち着いた感じで進み 折り返し地点でも まだ 大きな集団
ネットの情報に寄れば 終盤にはいったところ(15キロ付近?)で急激なペースアップがあったとか、、、

Dsc_1001

私が観戦していた 残り3km付近でのトップ集団
この中から 市田孝選手と西池選手が 最後まで競って 同タイム着差あり で 市田選手の優勝でした。
高校時代から 世代トップの二人
今年になって レースで好成績が続いています。
大学3年となり、いよいよ 充実してきましたね。

駒大の中村選手、村山選手らと 切磋琢磨して 来年好勝負をしてほしいですね。

特に 西池選手は 1,2年の故障で苦しんだ分 残す大学レースは大暴れしてもらいたいものです。

また、日体大勢では 全日本駅伝のアンカー区間で大ブレーキとなった 矢野選手 と 故障でしばらく姿を見せな掛かった 本田選手 が 4位、14位 と復調
箱根に向けて 安心したファンも多かったことでしょう。

1384851335ualbxqrubacj7fv1384851325

今年も 東海大から 多くの選手がエントリー

東海大 トップは 宮上翔太選手(2年 62分58秒)
先月の 箱根予選会では 故障からエントリーにも 入らず、状態が心配されていましたが、懸念一掃の復帰レースでした。

Dsc_0855序盤から先頭すぐ後ろにしっかりついていました。
少し上半身ががっしりしてきた感じ
ラスト3kmでは 先頭集団から遅れてしまいましたが、最後まで粘って15位

冬から しっかり走って 練習を積んできた成果がでました。

ただ レースが動いた時に前の集団についていけなかったのは残念でしたね。
残り3kmで 周囲が気になりキョロキョロし始めたのも、、、
レース経験を積んで もっと上を狙って欲しいですね。

冨田選手(2年)も終盤も集中力が切れずに ハーフの距離にも十分対応できる姿を見せてくれました。
予選会では故障明けが間に合わずエントリー漏れ、高島平では 途中棄権、、、と悔しい思いが続いていました。

また、予選会で期待以上(失礼!)の走りを見せた 桐原選手(1年73位)、今井選手(2年78位)が このレースでも しっかり結果を残して、存在感をみせていたのも うれしいところ。

1年生の活躍が話題になる 今年の東海大ですが、 2年生も存在感をみせてきています。

一方で 急な寒さのため風邪でもひいたのか、状態が悪そうな選手も。
序盤4キロ付近で 写真に写っていた 上野選手(1年)、福地選手(2年)は 途中棄権でしょうか?
随分紅潮した表情でした。

予選会組では 1年の荒井選手と福村選手が レース前半で すでにかなり キツそう。
集中力も切れていたようで、厳しいレースでした。
順位もズルズル下がって 完走はしたものの、反省点の多い結果になってしまいました。

3週間後には 箱根駅伝のエントリーです。
故障や体調の状態で レース回避した選手も含め、まずは エントリーメンバーに入る様最後のひと頑張りは必要でしょうが、本番は 1月2日と3日

是非 ピークが箱根駅伝当日に合うよう、今から心して 調整して欲しいものです。

|

« 死角なし か、、、 | トップページ | 雲の上の話…? »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 死角なし か、、、 | トップページ | 雲の上の話…? »