« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日

今年も Jスポ

今年も ”Jスポーツ 様様” の季節がやってきました

現在開催中の 大学バスケのインカレ のライブ中継を今年も放映してくれています。

昨日は男子ベスト8の計4試合
シーズン最後の大会、4年生には最後の試合になるかもしれない、、、との思いが伝わってきて、どの試合も非常に面白かった。

最初は家事をしながらながら観戦、、、と思っていましたが、結局全試合 ソファに腰を据えてじっくり観戦してしまいました。

今日、明日 と 準決勝、決勝の試合もライブで放映されます。
11月30日 準決勝 3時35分~
12月1日 決勝・3位決定戦 2時25分~  

今年も インカレの途中(CM,ハーフタイム)に流される番宣は 年末の高校バスケ ウィンターカップ
今年もウィンターカップの放送には 力入っています。
ハーフタイムには 昨年のように 現大学生の高校時代を流してくれるのが良かったのですが。

(準決勝の放送では、アーカイブとして、現大学生の ウインターカップでの映像を紹介しました

続きを読む "今年も Jスポ"

| | コメント (0)

2013年11月29日

運営管理車からの指示

いよいよ年末年始に向けて 冬スポーツたけなわ、、、
関連ニュースも増えていきますね。

箱根駅伝も 日テレ・読売系のサイトでは 特設サイトができていて、取材メモ的な記事も多数アップされる。

読売新聞 箱根駅伝サイト
スポーツ報知 箱根駅伝特集
Sports Navi 学生3大駅伝
文化放送 大学駅伝ひとりじめ

が、主だったところか。

監督管理車からの指示の回数について知ったのも そんな記事の中から。。。

続きを読む "運営管理車からの指示"

| | コメント (0)

2013年11月28日

東京モーターショーに出かけた

Img_0302

ネットや雑誌、ニュースで東京モーターショーのことが話題になっていた。

車好きなら関心の高いモーターショー。自動車メーカーもこのタイミングで新しい技術やモデルチェンジの発表をしたりするので、気合が入る時だと思います。

さて、このモーターショー。私が小学生くらいの頃は東京晴海で行われてました。

晴海に行くのに「かちどき橋」を渡ったことを覚えており、なんだか懐かしい思い出です。

そして晴海の次は幕張メッセで行っていましたがバブルが弾け、世の不況もあってか海外からの出展が減少し、モーターショー自体どうなるのかと個人的に心配していました。

そして最近は幕張ではなく東京ビッグサイトで行うようになってきました。

湘南に住んでいる私としては、新橋からゆりかもめで行けるので少しだけアクセスが楽になりましたが、わがままを言わせてもらえればパシフィコ横浜辺りで開催してくれれば万歳三唱です。

さて、そんな感じでビッグサイトに乗り込みましたが、まあ凄い数の来場者にただ茫然とするばかり…。

お目当てはスバルから来春発売になる「レヴォーグ」というワゴンタイプの車です。

展示場には海外から来た人を含め、それはもう多くの人たちがいますから、本当にまっすぐ進むことが出来ません。そんな中でもベビーカーで人混みに突っ込む奥さんが数多く見られたのには仰天しましたが…

さて、お目当ての「レヴォーグ」ですが、今回は柵の外から見るだけでしたが、まあ綺麗な車でしたね。今のレガシーワゴンがもっこりしたスタイルになってしまったので、このスッキリ感は多くの人に受け入れてもらえると思います。

エンジンは1.6リッター直噴ターボと2リッター直噴ターボの2本立て。もちろんボクサーエンジンです。

お財布に余裕があれば2リッターを選びそうですが、愛車フォレスターに不満は無いし、やはりマニュアル車は運転が楽しいです。まだ手放したくはありませんね。

などと思いつつもドキドキして帰ってきました。

それにしても、この人の来場者を考えるとビッグサイトではちょっと狭いかな?

車を見に来たのか人を見に来たのか…

| | コメント (0)

2013年11月27日

練習試合1124

24日は新人大会以来の対外試合を行った。

相手をしてもらったのは新人大会で市の3位になったN大三中と、隣の学区よりM木中に来てもらい、3チームで行いました。

N大三中は新人大会では2位のチームに1ゴール差での敗退ということで、何とかリベンジしてやろうと燃えていました。

そしてM木中は夏以来の対戦でしたが、随分と大型チームになっており、あの時とは別のチームになっていました。

先にN大三中とM木中が対戦。審判をしながら両チームの力を見ていましたが、N大三中はポイントガードの視野の広さとパス技術が長けており、みるみる内にN大三中がリードをしていき、ガードのレベルの高さを感じました。

我がチームはこの後M木中と対戦しましたが、今度は我がチームのガード陣のレベルの低さを感じる展開となり、M木中のディフェンスを破ることが出来ず、あっという間に二桁リードを許す。

タイムアウトの後に落ち着きを戻し、センター境にボールが入れば彼が決めてくれるので試合はイーブンとなります。

途中速攻が決まったり、練習の成果が見えたところもあるのですが、序盤に許した得点差は埋められず敗退。

続くN大三中戦でも同じ様な展開となりましが、ここは格上との対戦でしたので少しやられてします所は想定内でしたが、オールコートでのマンツーマンディフェンスに大きな課題を残しました。

しかし悪いところだけではなく、控え同士での試合では我がチームは練習した内容をかなり表現でき、ここでは2勝することが出来ました。

控えメンバーが何とかつないでくれましたが、もっとディフェンスに力を入れないと、このままでは失点ばかりが目立ってしまいそうなことが分かりました。

至急修正を図りたいと思います。

※個人名は変えてあります

| | コメント (0)

2013年11月26日

コーチ研修に参加

20年以上に渡りバスケの指導に携わってきた私ですが、審判講習会以外の研修にこれまで参加したことがなく、恥ずかしながら今回JBAが主催するコーチ講習会に初めて参加してきました。

今までは会社の仕事やチームの練習のスケジュールの関係もあり参加しませんでしたが、そう言い続けて早何年でしょう。

この日はE2級という、座学だけの1日研修会を申込み、中学の練習を顧問の先生にお願いして行ってきました。

都心部での朝からの講習だったので遅刻が心配でしたが、何とか目的地に到着。

早めに到着したので、ビルの入り口付近で缶コーヒー飲みながらのんびりしていたら、会場入り口の受付では長蛇の列でした!(私は当然後方に…)

どんな人が受講しているのかと思っていましたが、意外に若者(10代~20代)が少なく、30代からのミニバスケの指導者が多く参加していたようです。

講習の内容としては、本当にバスケとは何ぞやという入門的なことかfら始まり、ルール変更の移り変わりや、指導者の心構え(体罰禁止)やスポーツ傷害の予防やその責任につてなど、多岐に渡って話して頂きました。

特にスポーツにおける怪我と責任については、組織を扱うものとして大きく考えさせられるところでもあり、過去の出来事を思い出さずにはいられませんでした。

今回は座学だけで終わりましたが、これに実技指導の講習を受けてE1級になるということで、次回(来年2月頃か?)の実技も出来れば受けたいと考えています。

普段ではなかなか聞けない他の指導者からのお話は実に新鮮で、参加してよかったと思います。

この経験を自分のチーム指導で生かせれば…(汗)

| | コメント (0)

2013年11月25日

りんご の季節

Img_2648

我が家で 冬のフルーツといえば 断然 りんご
二人ともみかんも好きですが、 残念なことに 兄貴と私の 好みが違いすぎる

兄貴は和歌山や愛媛の甘いみかんが好き
私は 地元に近い 小田原や伊東の酸味の強いみかんが好き
ということで、 みかんより 好みの近い りんご を食することが多いです。

写真は 今年のシーズン初め(10月頃)に ネットで購入した 昴林

その際 りんごに関する お勉強メモが入っていたので、自分用にメモ、メモ、、、、

例えば、”蜜入り”の”蜜”って、、、果肉の中の水分が一か所に凝結して甘味が増しているものなんだそうですよ。
ソルビトールという糖アルコールの一種で、蜜自体は甘くないそうです

貯蔵中に 蜜は徐々に果肉に吸収されるため、減少してしまいますが、甘味には影響がでません。
シャキシャキ感やジューシーさが少なくなります。

続きを読む "りんご の季節"

| | コメント (0)

2013年11月24日

猿橋

Img_2771

勝沼に出かける時に 通り過ぎるだけの 大月JCT

この近くに 日本三奇橋 のひとつ 猿橋がある

テレビで紹介されて興味を惹いたのだが、橋脚を使わない 木造のはね橋 という珍しいもの
橋そのものは長さ31m、幅3.3mと大きな橋ではない

Img_2767

この時期、紅葉も綺麗な名所でもある。

続きを読む "猿橋"

| | コメント (0)

2013年11月23日

女性刑事が主人公 ~ ドルチェ & ドンナ ビアンカ

※※※※ ご注意! 一部ネタバレです※※※※


ジウ、ストロベリーナイト の作者 誉田哲也氏の 作品

40代前半の女性刑事 魚住久江が主人公のシリーズ
1作目の ドルチェ は 短編集

2作目 ドンナ ビアンカ (白の女性の意味?) は 誘拐事件 を追いながら 不法就労の中国人 と 彼女を巡る 男が どう事件に係っているのか が明かされていく 長編作品です。

魚住刑事の仕事振りは一定の評価を得て、殺人事件を扱う警視庁捜査一課への異動を打診されますが、その度 魚住刑事は 拒み続けている。
人が死んだ後に事件を解決するのではなく、死ぬ前に事件に係わり 解決したい(=未然に防ぎたい) との考えから 所轄で発生する小さな事件に丁寧に対応します。

なので、大事件は起こりません。
誉田氏の他作品のような 凄惨な事件描写はありません

続きを読む "女性刑事が主人公 ~ ドルチェ & ドンナ ビアンカ"

| | コメント (0)

2013年11月22日

平日練習1120

年内の強化に向けて、練習試合を少しずつ組むことが出来るようになってきました。

年明けには市のミニ大会が予定されていますし、練習している彼等も気合が入るところでしょう。

この日の練習も課題であるピンチディフェンスが中心でした。

理屈では分かっているのだが、いざやろうとすると視野の狭さからピンチに飛び出すタイミングが図れません。

また自分のマークマンの状態によってはピンチに出ないこともありますし、この課題は練習することでしか克服する術はありません。

それと同じくオフェンス課題の4メンアウトも分解練習では動ける様になりましたが、ライブで行うと足が止まってしまい、効果的な攻撃に繋げることが出来ません。

週末には早速練習試合を組んでますので、そこでは上手く噛み合わなくても試さなくてはならないでしょう。

噛み合わない時にどう調整すれば上手く回るかを、是非選手達が考えて、自己評価に繋げることが出来れば良いのですが…。

そうなる様に、こちらもコントロールしたいと思います。

| | コメント (0)

2013年11月21日

両刃の集団走

箱根駅伝ファンにとって、この時期のお楽しみの ”箱根特番”

先日放送された BS日テレの特番は ”試練の夏 から 飛躍の秋へ”  
夏の合宿風景から 前哨戦の出雲駅伝・全日本駅伝 と 予選会を網羅した 約2時間の番組だった

今回も 予選会での 中央大の苦戦ぶりが扱われていた。
タイトルが ”両刃の剣 集団走”

前大会 5区での棄権で 27年ぶりに予選会に回った中大
伝統校は なんとしても 通過しなくてはならないと プレッシャーがかかる

中大は 初の20㌔走の不安がある1年生の暴走回避で 集団走を選択

しかし、その集団走が全く機能しなかった。
レース前半で 集団が崩れてしまい、次々と遅れてしまう選手
こうなると、前でタイムを稼ぐ役目の選手にも プレッシャーがかかり、苦しい走りとなってしまった。

正直言って 去年の東海大を見ているようで辛い。

続きを読む "両刃の集団走"

| | コメント (0)

2013年11月20日

雲の上の話…?

19日、ネットでみたニュースに以下の記事が出ていた。

【 世界のスーパーコンピューターの性能ランキング「TOP500」が18日、米国で開催中の国際会議で発表され、中国が前回6月に続いて1位となり、理化学研究所の「京(けい)」(神戸市)は前回と同じ4位だった。

5位までの順位に変化はなく、2位、3位、5位は米国勢が占めた。

1位は中国・広州スパコンセンターの「天河2」で、計算速度は京の3・2倍の毎秒3京3862兆回(京は1兆の1万倍)だった。 (産経新聞) 】

かなり前、政府が行った業務仕訳の中で「2位じゃダメですか?」なんてセリフがありましたが、今は4位なんですね。

この開発に携わる日本人開発者達には大変屈辱的な結果なのかもしれませんが、一般的なパソコンや携帯電話レベルで満足している一般人からみたら、その凄さは雲の上の話で良くわからないのが現状です。

これら開発には当然予算がかかるので、借金大国ニッポンの住民としてはこれでいいのか?と首を傾けたくなるところですが…中国ってこのジャンルで強いのですね。

これは中国産のパソコンも見直さなくてはいけないのか???などと、思ってみたりした。(兄貴)

| | コメント (0)

2013年11月19日

13 上尾ハーフマラソン

今年も行ってまいりました 日曜日の上尾ハーフマラソン
朝からの晴天で レースが始まる頃には 暖かく風もなく穏やかな観戦日和
レース参加者としては 陽射しもあったので やや暑い感じだったかもしれません

レースは 前半は割と落ち着いた感じで進み 折り返し地点でも まだ 大きな集団
ネットの情報に寄れば 終盤にはいったところ(15キロ付近?)で急激なペースアップがあったとか、、、

Dsc_1001

私が観戦していた 残り3km付近でのトップ集団
この中から 市田孝選手と西池選手が 最後まで競って 同タイム着差あり で 市田選手の優勝でした。
高校時代から 世代トップの二人
今年になって レースで好成績が続いています。
大学3年となり、いよいよ 充実してきましたね。

駒大の中村選手、村山選手らと 切磋琢磨して 来年好勝負をしてほしいですね。

特に 西池選手は 1,2年の故障で苦しんだ分 残す大学レースは大暴れしてもらいたいものです。

また、日体大勢では 全日本駅伝のアンカー区間で大ブレーキとなった 矢野選手 と 故障でしばらく姿を見せな掛かった 本田選手 が 4位、14位 と復調
箱根に向けて 安心したファンも多かったことでしょう。

続きを読む "13 上尾ハーフマラソン"

| | コメント (0)

2013年11月18日

死角なし か、、、

週末行われた フィギュアスケート GPフランス大会

男子シングルでは カナダの パトリック・チャン選手が SP、FP ともミスらしいミスもなく滑りきり、2位の羽生結弦選手に 大差で優勝した

羽生選手は SPでは 逆転優勝も可能な得点差でつけたものの、FPでの序盤に エッジが氷にひっかかってしまったアクシデントが痛かった

世界選手権3連覇中の チャン選手は 五輪に向けて 着々と完成度を高めているようだ。

続きを読む "死角なし か、、、"

|

2013年11月17日

練習再開!

試合より怖い定期試験を終えた中学バスケチームの面々。

手応えはどうでしたか!と言っても「………。」という回答。

きっと最善を尽くしてくれたことでしょう。あまり成績が悪いと部活動出来なくなるからね…。

さて、練習再開の16日(土)は重たい体に喝をいれることが第一のねらい。

とはいえ怪我をされては困るので、ゆっくりとマイペースながらもしっかり走ってもらいました。

猛暑ではないので、多少ハードに走ってもバテバテにはならず、15分くらい走ったところでジャージを脱ぐ者が増えてきて、ようやくスピードを上げて走る準備が出来上がりました。

この日はとりあえずテスト前までに行った内容のレビューを少し行いながら、課題であるマンツーマンからのピンチプレイの基礎的な動き方の練習をした。

ゾーンプレスではないのに、ボールマンに対してダブルチームを組むというところを理解するのに少し時間がかかりましたが、とりあえず今日は初回の練習ですのでこれからの反復練習で何かを掴んでもらえれば良いかと思っています。

再開初日にして少し頭を使いましたが、夢中の3時間は直ぐに消化。また日曜の練習でも頑張ってもらおうと思います。

| | コメント (0)

2013年11月16日

ナポリタンを求めて @ ポポロ

Img_2754日本発祥のパスタ料理 と言われている ナポリタン
最近は 発祥に関しても諸説あるようだし、 ナポリにも ナポリターナというパスタもあります。

子供の頃から 慣れ親しんだ ナポリタンは ”具材をからめ ケチャップで味をつける” という 日本独自のアレンジが加えられたもの
家庭メニューの定番でもありますし、 かつては 喫茶店メニューの 定番でもありました。

時折 兄貴は 学生時代か 若き会社員時代を思い出すのか 無性に ナポリタンが食べたくなるようです。
それも 太麺で やや濃いめの味付きのもの、、、

ネットの口コミをみて、行こうと誘われたのが 小田急 善行駅近くの ”ポポロ”
喫茶店ではなく 洋食屋さんのようです

続きを読む "ナポリタンを求めて @ ポポロ"

| | コメント (0)

2013年11月15日

GPシリーズ 大詰め

先週末の フィギュアスケート NHK杯 は テレビの前でしたが、スポーツ観戦の醍醐味を久々に堪能しましたね

何より ライブ中継ならではの 手に汗握る、、、感がいい。
ドキドキすることさえも 楽しかったです。

BSの放送も合わせて、ほぼ全競技者の世界レベルのフィギュアスケート堪能できました。
民放だと、ほとんどスルーされる、 ペアやアイスダンスも見所いっぱいでした
シングルの女子、男子とは また違った魅力があって、どのペアも 綺麗でカッコ良かったですよね〜

そして、日本のエース 浅田真央選手と 高橋大輔選手のダブル優勝が花を添えました
2位の織田選手、3位の鈴木選手 と共に、表彰式で日の丸が掲揚される場面は日本人として誇らしいデスね
(某局では 日本人が優勝したら 表彰式を放映しないことで有名ですけど、、、NHKではちゃんと放映してくれて 一安心)

浅田選手は NHK杯優勝で GP ファイナルへの出場権を獲得

一方 高橋選手も可能性がかなり大きくなってきましたが、また確定していません
初戦のアメリカ大会での4位という成績が ライバル選手達の結果次第、、、という状況になってしまいました

続きを読む "GPシリーズ 大詰め"

| | コメント (0)

2013年11月14日

久しぶりの忍野八海

久しぶりの忍野八海
晴天の14日。久しぶりに忍野八海に出かけました。
(写真は 逆さ富士が美しく映る 鏡池)

前回でかけたのはもう何年前か分からない程になってしまいましたが、相変わらずここは人気スポットの様ですね。

富士山が世界遺産登録されたこともあってか、平日にも関わらず沢山の観光客が来ていました。

Img_2808しかし、ここの湧き水は綺麗ですねぇ。

ちょっと空気が冷たかったので、あまり薄着ではウロウロ出来ませんでしたが、空気も美味しく堪能しました!

| | コメント (0)

2013年11月13日

モーターショーの年は熱い

車好きにはたまらない東京モーターショーがいよいよ今月始まります。

まずはプレス向けに11/20・21に公開。続いて特別招待者向けに11/22。そして我々一般向けは11/23から公開となる。(終了は12/1)
会場は東京ビッグサイトということで、以前行なわれていた幕張メッセよりは近くなりますが、、、、、それでも湘南からはちょっと遠いかも。
しかしそんな距離を忘れさせてくれる様な車を各社展示しそうですね。
先日ネットではスカイラインのフルモデルについてプレスリリース(来年2月発売)が出ていました。
V6エンジンになってからのスカイラインは正直もったり感があり、それまでのスポーティングねイメージから離れてしまいましたが、今度はちょっとゴージャスにグレードアップした様です。
エクステリアとしては、ちょっとフーガに似てきた感じがしましたが、エンジンもハイブリッド仕様となり、今の日産におけるハイテクノロジーを詰め込んだ、価格も含めて高級路線まっしぐらの車になるみたいです。
そしてスバルも当然新車(ハイブリッド車)を展示するようで、やはり国産自動車メーカー各社はモーターショーに向けて目玉商品(技術)を披露するんですね〜。
行ったら興奮して各社のパンフレットをどっさり貰ってきちゃうのですが、あれって帰ってからあまり深く見なかったりするんですよね…(反省)。
さあ、いつ行くかな?行くならやはり平日だが、それでも人がごった返すかな?
凄い楽しみです!

20131112218204_l

| | コメント (0)

2013年11月12日

初アイスホッケー観戦

1384184656460.jpg p>ソチ五輪出場を決めている 女子のアイスホッケー ”スマイルジャパン”

強化試合として 海外強豪5か国との対校戦が 新横浜のスケートセンターで開催された。
我が家では フィギュアスケートの アイスショーで おなじみのリンクだ。

さらに、アイスホッケーの認知を広めるために、初日、2日目(いずれも平日)は 女性観戦者は 無料とあれば、スポーツ好きとしては 好奇心が多いにそそられてしまった。

テレビ観戦したことしかないし、正直 スマイルジャパンのメンバーには詳しくないけど、せっかくの機会だから、、、と行ってきました

続きを読む "初アイスホッケー観戦"

| | コメント (2)

2013年11月11日

招待試合とOB会

我が大学バスケチームは毎年学園祭の時期になると、他大学を学園へ呼んで「招待試合」を行っていました。

これは4年生への引退試合を兼ねており、これで普段試合に絡めなかったメンバーを使いながら「お疲れ様でした!」と言ってあげていました。

しかしながら、今年は想定した相手がみんなOFFに入ってしまった関係で相手が組めず、仕方なく今年3部リーグで戦った他チームの4年生に声掛けして、合同…という訳ではありませんが、引退試合の相手をして頂きました。

今回来てくれたのはT京成徳大、T京経済大、K学院大、S城大の4年生で、いずれも試合前のスカウティングでは「要注意人物」としてマークしていたメンバーばかり。しかしそれはお互い様だったのか、この日は混成チームにも関わらず、個人の特徴をお互い理解しながらプレイ出来ていた様です。

さすがにリーグ戦の時の様な「気迫あふれる」とは言えませんが、その切れ味鋭いプレイにリーグ戦でやられた苦い思い出を思い出し、そんな彼らが目の前で楽しみながらプレイしている事実に不思議な感覚を覚えながら試合を見ていました。

招待試合が終わると今度はOB総会が待っていました。

例年このタイミングでバスケ部のOB総会を行い、4年生達がOBらの前で挨拶をすることが恒例行事となっていました。

ついこの間新チームとしてスタートしたと思っていたのに、あっという間に引退となってしまった4年生達。

まだ就活をしなくてはいけない者もいる様ですが、残り少ない学生生活を謳歌してもらいたいと思います。

| | コメント (0)

2013年11月10日

湘南プレミアムバイキング

Img_2702

藤沢市役所・郵便局近くにある グランドホテル湘南

そちらの1階にある レストランこゆるぎ
今年の春(夏?)にメニューを一新して 湘南プレミアムバイキングとして 生まれ変わった

そのバイキングが充実しているらしい。

朝食、ランチ、ディナーと バイキングで提供
朝食(1500円)は エッグベネディクト
ランチ(2000円) は 定番 ローストビーフ が メニューの主役
因みに ディナーは 3800円

エッグベネディクトも気になるが、お得感が一番ありそうな ランチに行ってみました。

 

続きを読む "湘南プレミアムバイキング"

| | コメント (0)

2013年11月 9日

リーグ入れ替え戦・2戦目

思わぬ大差で敗れた入れ替え戦の初戦。

2勝先勝方式の入れ替え戦ですので、次負けた場合今年も3部残留となってしまいます。

連日での対戦ですので、この短い時間に選手たちの体力がどの程度回復しているか心配でしたが、対戦相手のK奈川大は初戦とは異なりかなりのリラックスムード。ダブルスコアでの勝利でしたから、2戦目も既に勝った気分だったのかもしれません。

この日の我がチームはとにかくマンツーマンディフェンスを頑張り、相手ガード陣にトップオブザキー付近でのシュートは放らせず、少しでもサイドライン側、コーナー付近まで追い込むことを課題とし、攻撃面も得点の入れあいは避け、ディレードゲームの徹底をすることにした。

試合が始まるとカットプレイからこちらの速攻が決まり良い感じです。

ディフェンスも指示通り頑張れたことからイージーなシュートを放らせず、リバウンドから速攻、もしくはセットオフェンスに移行と狙い通りの展開となった。

1ピリは14-7とロースコアながらリードし、選手たちの表情も明るい。

続きを読む "リーグ入れ替え戦・2戦目"

| | コメント (0)

2013年11月 8日

2強プラス3

今年の大学駅伝は 2強+3 だという
駒沢大と東洋大 の2強に 日体大、明治大、青学大、の3大学で 箱根駅伝は優勝争いが展開されるとの予想だ

これからの2か月で ”2+3” が ”3+3”になるのか、 ”1+4” になるのか、はたまた ”2+4” や ”2+5”になるのか。。。

駒沢大と東洋大が演じた 1区からの高速駅伝は 「最長区間にエースを投入」など 悠長なことを言っていられない駅伝にしてしまった。

1区から激しい振り落としに いかに付いて、遅れを最小限に留めて 優勝争いに止まるか、、、
失敗区間は作らない、あってもすぐ挽回できる、 箱根でいえば往路からカードを惜しみなく使うそんなオーダーがないと 駒大(、そして東洋大)には対抗できないのでは、、、と思う。

もっとも、そこには選手層というもうひとつの壁があるのだけど。。。

続きを読む "2強プラス3"

| | コメント (0)

2013年11月 7日

リーグ入れ替え戦・初戦

エース不在の中、今年も入れ替え戦のチケットを手にした大学バスケチーム。

5日はいよいよその入れ替え戦の初戦となります。

今年の対戦相手は2部8位のK奈川大学。

今年の2部は最後まで順位がはっきりせず、最終戦の勝敗でこのK奈川大が入れ替え戦となってしまいましたが、激戦の2部の中で8勝(全18戦)をもぎ取っており、能力は我がチームよりも上です。

特に1~3番プレイヤーの個人能力が抜き出ており、ここをどう抑えるかが課題と言えます。

試合が始まると我がチームのセンター#45のブロックショットから先制しましたが、その直後からK奈川大ガード陣による素早い1対1により我がチームのディフェンスは押されてしまい、試合は徐々にK奈川大ペースとなる。

何とかしたい我がチームですが、ディフェンスからの速攻では得点が奪えますが、セットオフェンスになると相手の高さ・厚さに圧倒されてカウンターを受けてしまいます。

この相手の強さは我がチームスタメンに体力面で大きな負担を与え、4ピリには足が止まってしまい得点差を埋めることが出来ず玉砕。

最終スコア44-86とほぼダブルスコアの内容で初戦を落としてしまいました。

試合前はもう少しイーブンなゲームになるのではないかと思われましたが、気がついたら相手の土俵で勝負をさせられており、2戦目は少しでもこちらの土俵に引きずり込めればとも思います。

諦めたらそこで試合終了。選手達の気迫に期待しています。

| | コメント (0)

2013年11月 6日

開催地の意地を感じる

フィギュアスケートのグランプリシリーズは 前半3試合を終了
日本人選手の活躍に毎週末 ワクワクしています

そして 個人的に目を見張るのが ロシア選手の成長曲線

女子では以前から噂のあった 若手世代が 地元五輪にピッタリ標準を合わせてきた と強く感じます。

中でも 昨年 シニアに転向した ユリア・リプニツカヤ選手
年齢はまだ 15歳

昨シーズンから その ジャンプの精度と 柔軟性を存分に発揮する独特のスピンで高得点を叩きだし、、ソチでの活躍が期待されていました
しかし、まだ ジャンプばかりが目立つスケートの印象が強く、演技構成点で 浅田選手ら先輩陣に優位と思っていました 

続きを読む "開催地の意地を感じる"

| | コメント (0)

2013年11月 5日

神奈川でも波乱

年末の高校バスケ ウィンターカップ(WC)
その県予選で 今年は波乱が起きています

昨年優勝校(それも連覇)の 宮崎 延岡学園 が敗退
春季関東大会優勝校の 千葉 市立船橋 が敗退
長野の常勝校 東海大三 も敗退

そして 昨日の神奈川の決勝でも 優勝候補の 桐光学園が敗退の波乱がありました。
桐光学園は 昨年のWCでもベスト8、今年の総体でも ベスト8に進出した 全国区に定着しつつある強豪校

エースガードの 斎藤拓実選手、シューターの日野翔太選手を始め 2年次から戦力として活躍した世代です

私も WCで今年も躍進してくれるものと期待し、県大会は通過点、、、だと思っていましたが、、、

 

続きを読む "神奈川でも波乱"

| | コメント (0)

2013年11月 4日

力をみせつけ 駒大圧勝

今年の全日本駅伝は 駒沢大の圧勝だった
相性の良い この大会で3連覇を達成するとともに、今年の3大駅伝制覇に王手をかけた

予想はされたものの 1区に中村選手を配置した盤石のオーダー
全日本駅伝経験者の5人は 今年安定感が増した上に それぞれが 得意とする区間に配置されていたと思う。

なので、2区と5区に1年生をエントリーしても不安のないオーダーだった。
つまり、 例えミスがあっても 直ぐに次の区間で挽回ができる自信のもてるオーダーだった。

1区の 東洋大設楽悠太選手とのつばぜり合いは TV画面を通じても 息を止めてしまうほどの迫力のある展開だった

続きを読む "力をみせつけ 駒大圧勝"

| | コメント (0)

2013年11月 3日

入れ替え戦に向けて

秋のリーグ戦で3位に入り、見事3年連続で入れ替え戦のチケットを掴んだ我が大学バスケチーム。

その対戦相手は強豪K奈川大に決まり、練習にも気合いが入っています。

その入れ替え戦は来週5日に国立代々木第二体育館で行われ、こんな立派なステージで戦えるのですから、今度こそ…と見ている私も力が入ってしまいます。

ですが、強いK奈川大との対戦とはいえ、チーム内での練習では相手エースや高さで想定出来る様な選手は見当たらず、とりあえずトランジッションを意識した練習は出来ていますが今ひとつの出来。

無い物ねだりをしても仕方ありませんが、せめて相手を絶対倒すための高いモチベーションは保たないといけません。

私と同じ様にチームを引っ張る4年生の表情に不安がありましたが、幸いスタメンを含む試合に絡むメンバーの怪我は無いみたいなので、とにかく5日は立ち上がりから全力で走り合える様に体調管理をしてもらいたいところです。

下位リーグの入れ替え戦は今日3日より始まります。

最後の戦いに向けて、4年生の意地が試されます。

| | コメント (0)

2013年11月 2日

空飛ぶタイヤ

**** ご注意!!! 一部ネタバレです ****

今年の流行語間違いなしの 半沢直樹

遅まきながら、著者の池井戸潤さんの作品を読んでいます

池井戸氏は 2011年に ”下町ロケット”で直木賞を受賞するが、”空飛ぶタイヤ”も直木賞の候補となった作品

私は 半沢直樹シリーズよりも面白いと思っています

ストーリーは 三菱自動車のタイヤ脱輪事故とその後発覚するリコール隠し事件をベースにしているといわれています 

続きを読む "空飛ぶタイヤ"

| | コメント (0)

2013年11月 1日

全国を賭けて

今週末もスポーツ観戦三昧になりそう

2週間前の箱根駅伝予選では 応援する東海大の3位通過で 2年ぶりの安堵感を味わった
予選会のTV特番では 惜しくも予選敗退になった大学にも触れており、その大学の4年生はここで引退となる
そうと思うと、勝負事の仕方がないこととは故 やるせない気持ちになった。

高校スポーツでも 年末年始に全国大会が開催される 駅伝、サッカー、バスケ の県代表を賭けた県予選が 実施される。
県代表という一枠を賭け、3年生にとっては 負ければ引退の予選である

県によっては すでに 予選が行われ、県代表が決まっている。

最近はサイトも充実して 次々と決まっていく 代表校が一覧で確認できる

駅伝 
サッカー
バスケット

今週末で代表が決まる県も多い
私は ネットでの確認が主になると思うが、バスケの試合は 近くの平塚総合体育館なので 観戦に行く予定

続きを読む "全国を賭けて"

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »