« 1年振りの箱根本 | トップページ | 待ち遠しい ”その瞬間” »

2013年12月 2日

練習試合1201

早くも12月に入ったその初日、我が中学バスケチームは先週に引き続き練習試合を行なった。

対戦相手は同じ市内のY師中です。
また今回はこれまでと異なりY師中とは男女で我が校に来てもらい、一緒に試合をすることにした。
普段から活動を別にしている女子チームと同じ会場で練習試合をすることにより、連敗の男子チームに何か刺激を…ということを期待していたのだが、結果としては先週に引き続き厳しい結果となった。

Y師中とは今年度の対戦はまだありませんでしたが、ここ数年はなかなか勝利に恵まれず厳しい時間を過ごしていたと記憶している。

しかしながら、昨年度より下級生チームで試合に臨んでいたY師中は、今年は180をこえる体格の良い大型センターを擁し、なかなかアグレッシブに仕上がっていました。
こちらもセンターと言えば境が良い感じなのですが、この日の試合では体の厚さの違いがそのまま勝負に出てしまい、境はまともにポジション取りをすることすら出来ません。
またこのセンターは速攻にも参加しては積極的に1対1を仕掛けて来るので、決して技術が高い訳ではありませんが、その「勢い」と止められる選手が我がチームにはおらず、試合はワンサイドになってしまう。
それならば、そのセンターにボールが入らない様にディフェンスをすれば良いのではないかと指示を入れましたが、既に心が折れてしまったのか反応が無くなってしまうメンバー達。
更には普段の練習では元気のあったBチームも、その元気は不発に終わってしまった。
一応攻めてはいるのだが肝心のシュートが決めることが出来ず、この日はAB共に全敗で終わってしまった。
一方、女子の方はと言えば、普段のトレーニングの成果が出てきたのかよく走る姿が目立ち、こちらは負け無しで終了。男女で明暗を分けた練習試合となってしまいました。
※個人名は変えてあります

|

« 1年振りの箱根本 | トップページ | 待ち遠しい ”その瞬間” »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1年振りの箱根本 | トップページ | 待ち遠しい ”その瞬間” »