« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日

往路優勝 ‘も‘ 狙うオーダー

29日 来年の箱根駅伝の区間エントリーが発表された。
大会中 4名までの交代が認められているが、多くの大学の戦略が見えてくる

中でも 優勝候補で 今季の駅伝3冠がかかる 駒大の往路オーダーは 総合優勝だけでなく 往路優勝 も 狙うものだ。

1区 中村匠吾選手 (出雲1区区間賞、全日本1区区間賞)
2区 村山謙太選手(3区 区間新、4区 区間新)
3区 油布郁人選手(4区 区間2位、3区 区間賞)
4区 中谷圭佑選手(2区 区間2位、5区 区間賞)
5区 馬場翔太選手(全日本 6区区間賞)

恐らく オーダー変更はないだろう。
他大学からしてみれば うらやましいオーダーだ。
そして どこまで 独走してしまうんだろう、、、と心配になる

復路の駒澤といわれるように、駒大は復路でははずすことがなく、復路優勝は何度もとり、総合優勝につなげていた。
が、ここ数年は 往路での成績を挽回しきれず、総合優勝に手が届かなかった。
近年の箱根駅伝は 往路優勝したチーム、ないしは2位のチームが優勝をしている。
駒大は 往路優勝から 80回大会以降 ここ10年間遠ざかっている。 

今回駒大は 出雲駅伝、全日本駅伝で好走した駅伝メンバーを惜しみもなくつぎ込んできた。 
レースの主導権を握るきっかけになった 中村選手を 1区、 そして 優勝をほぼ決定つけた 村山選手を2区に配置し、箱根駅伝も早々に主導権を握りそうだ。

唯一 5区、6区がアキレス腱かと思われたが、山登りには 2年生 馬場選手をエントリー
倉敷高校時代から ロードに滅法強いといわれ、高校駅伝準優勝の立役者だった選手だ。
初駅伝となった 全日本駅伝でも 区間賞の好走をみせた。 

続きを読む "往路優勝 ‘も‘ 狙うオーダー"

| | コメント (0)

2013年12月30日

冬休み練習1227

我が中学バスケチームの練習も、今年は27日が最後となりました。

今年最後の練習は男女合同練習ですが、嬉しいことにオールコートを使うことが出来ます。

普段はなかなか女子の相手をしてあげませんが、折角なので今年最後一緒に走力アップの練習を行い、最後はゲームをやって終わることにしました。

そしてこの日は卒業生が何人か来てくれました。

中でも先日ウインターカップに出場し、残念ながらK沢高校に敗れてしまいましたが、大きく成長してくれた荒川が来てくれたことは嬉しかった。

メンバー表には198cmとありましたが、高よりも体の厚みと筋力が上がり、もう軽々とダンクが出来るようになっていました。

この1年間の練習の成果からか表情にも大分余裕が生まれており、中学メンバーも彼と触れ合いながらバスケが出来て嬉しかったことでしょう。

そしてこの日来てくれたのは荒川だけでなく、彼の同期生でもある朝山も来てくれました。

朝山の卒業後は市内にある都立高校に進学し、それなりに苦労をしてきたことと思いますが、同級生である荒川の大きく成長した姿を間近で見ると、それだけでも刺激になったと思います。

半年ぶりの再会に、練習後には近況を報告し合ったことでしょう。悩みは多くともまだまだ高校2年生です。来年のインターハイに向けて頑張ってもらいたいところです。

さて、そんな凄い卒業生に相手をしてもらった中学メンバー達。多少は練習の成果を見せることが出来ましたが、予想以上の高さと正確さにどうすることも出来ない時間がありました。

こんな普段の練習で追い込んでもらえるなんて、指導者の立場からみたら中学メンバーは幸せだなと思う反面、いつもの負け顔になりそうな弱い部分だけは納得いきません。

諦めるのは簡単なこと。限られた時間の中でどうしたら課題を克服できるか考えるのも練習であり、そんな時間を与えてくれた卒業生に感謝です。

次回のチーム練習は年明け1月5日です。翌週にはミニ大会があります。そこで色々試せる様に、年初から全開モードです。

※個人名は変えてあります

| | コメント (0)

2013年12月29日

隠そうとしない 悪意に触れて

*********  すみません。 今年最後の毒吐きです  *********

楽しみにしていた フィギュアスケートの全日本選手権から 1週間
オリンピック代表を懸けた大会でもあるが、ジュニアや地方大会を勝ち抜いてきた選手や 大学4年生で今大会が最後となる選手達にとっても 今シーズンのビックイベント

私は 初日と3日目に会場観戦をし、それぞれの選手の 渾身の演技、万感の演技に 心から拍手を送ってきた
が、一方で なんとも言えない モヤモヤ感というか、不快感の残る大会で、心が非常に痛み、ささくれ立ってしまった。

なんとか 自分を納得させよう、気持ちを切り替えようとするが、あの4日間(エキシビション日含む)で感じた 黒い思惑に 「フィギュアスケートというスポーツが好きで 応援したい」 という 純粋な気持ちを 踏みにじられた感じがまだ抜けない

続きを読む "隠そうとしない 悪意に触れて"

| | コメント (0)

2013年12月28日

ランチ @ロンハーマン カフェ

P1000164

湘南テラスモールにある 人気カフェ ロンハーマンカフェ での ランチ
土、日曜は近寄ったことがありませんが、平日は比較的空いているようです

お店前に黒板でランチ(1,050円前後)が紹介されているが、他にもハヤシライス等軽食メニューを多く揃えている

私が気に入っているのは、サラダ
メニューが複数あって、いずれもボリュームがあり、バゲットも付いている
サラダランチとして、女性なら十分と思われます

P1000165

更に、サラダはハーフサイズもあるのが、嬉しいところ
この日は コブ(シェフ)サラダのハーフ(700円)にしましたが、これでも、結構な満足感ある量です

軽食メニューのハヤシライス(1,100円上左写真)も付け合わせのサラダがタップリでした
フワフワオムレツが彩を華やかにしてくれています

サラダのドレッシングと ハヤシライスのドレッシングが違ったのも 味が変わって食が進みました

女性を意識した内容ですね

| | コメント (0)

2013年12月27日

チーム力が激突の駅伝らしい駅伝

今年の 高校駅伝(男子)は 4校が ラストのトラック勝負となった 実に面白い大会だった

優勝の 山梨学院大付属高校(2時間3分53秒) と2位 大牟田高校は 1秒差
3位の 伊賀白鳳高校もトップと2秒差、
4位 世羅高校が トップの6秒差 という僅差のゴールシーンだった

最終区 大牟田 鬼塚選手が 15秒差を追いつき 4人集団になってからは、4校、どの高校にも優勝チャンスはあった
その中で 山学附の西山選手の 昨年も最終区を走った経験が 少なからずも余裕を生み、並走する下級生たちには わずかな恐怖になったのかもしれない。

ワンチャンスを見出すことができず、ラスト200Mでスパートと決めていた西山選手にレースをさせてしまった。

だが、レース後伝えられる各校監督の言葉にあるように、どのチームもチームの持ち味・良いところが存分に発揮できたと思う。

5位の佐久長聖高校 以下 9位の鳥栖工業まで、それぞれに小さなミス・誤算があったが、チーム力で修正し、優勝争い・入賞争いを最後までみせた
(6位 小林、7位 八千代松陰、8位 学法石川)

続きを読む "チーム力が激突の駅伝らしい駅伝"

| | コメント (0)

2013年12月26日

冬休み練習1226

早いもので中学バスケメンバーは今日26日より冬休みに突入した。

生徒各自の成績が気になるところではあるが、部活動としては何とか正常に活動出来ています。

大人がついているのですから当然と言えば当然なんですが、頑張りやひたむきさと比例して強くなれればもっと嬉しいのですが、上手くはなれても強くなるというのは難しいもの。

また今期チームは少ない部員数(1,2年合計11人)にも頭を痛めていましたが、昨日付けで一人1年生が転校することになってしまい、1年生自体3人という非常に寂しい状況となってしまいました。

しかしいつまでも下を向いている訳にはいきませんので、チームとしては今出来ることを最大限頑張るだけ。

26日も走力メニューを中心にガンガン走ってもらい、新しいディフェンスメニューなどをこなしながら少数精鋭部隊になる為に頑張りました。

年明けの11日位から市バスケ協会が主催しているミニ大会に参加することが決まっており、これが終わると1月末もしくは2月初めより多摩大会が始まります。

この多摩大会は6月に行われる選手権大会のシードポイント獲得の対象大会となっているので、少しでも勝ち上がり夏のシード権獲得の為に奮起したいところ。

そして年内の活動は27日の練習で終了する関係で、それまでにやらねばならないことが沢山ありこちらも気が抜けません。

限られた時間の中でどこまでレベルアップ出来るかを楽しもうと思います。

| | コメント (0)

2013年12月25日

ウインターカップ始まる

今月23日より楽しみにしていた高校バスケのウインターカップが始まった。

昨年度は地方開催だった関係で会場まで足を運ぶことはありませんでしたが、今回は東京体育館で行われるので現地観戦を楽しみにしていました。

がしかし…私には中学バスケの指導が入っており、体力の低下してしまった私にはヘッポコチームの練習で殆どの体力を消費してしまう…。

そこで断腸の思いでJSPORTSをつけるとJSPORTS1からJSPORTS4まで全ての試合を放送しているではありませんか!

我が家では契約の関係でJSPORTS4は見れませんが、メインコートで行われているA~C会場は見れるチャンネルで全てフォロー出来るので、これなら会場に行かなくても十分に楽しめる。

そんなわけで、練習の無かった24日は朝9時の第一試合から最終試合までソファーで横になりながら、コーヒー飲んだり、必要以上にリラックスしながら試合を見ることが出来ました。

本当ならば教え子の出ている試合は直に応援しようと思ったのですが…。楽なことって恐ろしいですね…。そして今日25日も同様に…。

JSPORTS万歳!

| | コメント (0)

2013年12月24日

練習試合1221

21日は今年最後の練習試合の日。先週の内容が今ひとつだった為に、この試合では選手達の意地に期待していました。

しかしこの日は朝からかなり冷え込み、その寒さにやる気まで凍ってしまいそう…。

今回は同じ市内のW光中とO山中との対戦。W光中とは8月の夏季大会以来でしたが、この時はW光中のオールコートプレスに全くボール運びが出来ず大敗を喫しました。

O山中とも新人大会前に一度対戦しましたが、競ることは出来ても勝利には至らず…。そうなると、今回もなかなか厳しい内容になりそうでした。

練習課題はディフェンスからの速攻と4メンアウトからのパスモーションオフェンスです。

試合は最初W光中と対戦。この日のW光中はプレスディフェンスではなく、リバウンドからのロングパスを使った速攻が課題の様でした。

こちらは課題の4メンアウトの練習は出来たのですが、慌てて行う為に相手ディフェンスの穴を見つけられず、サイドチェンジも出来ないままシュートを放っては決められず、自らの未熟さに苦戦する内容が続きます。

ただ、段々サイドチェンジが出来る様になり、効果的にドライブを使えるようになったことは良かったでしょう。

続くO山中との対戦では、腰痛から復帰したO山中エースガードの1対1に苦しめられましたが、途中から使ったプレスディフェンスが機能し、練習したかったカットからの速攻の展開で試合をひっくり返すことに成功。まだまだ未完成なところはあるけれど、勝つための練習に繋げることが出来ました。

まだまだ未熟な状態ですが、練習している内容を少しずつ表現出来る様になってきた我がチーム。年内の練習試合はもうありませんが、オールコートで練習出来る日はまだあるので、そこでもう少しレベルアップを図れるよう頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

2013年12月23日

エースの演技

羽生結弦選手、全日本2連覇、そして ソチ五輪出場決定 おめでとう!!!!

昨晩 フィギュアスケート 全日本選手権の男子フリープログラムが行われた。

優勝候補で ソチ五輪代表候補の筆頭でもあった 高橋大輔選手は 11月下旬の故障が完治せずに 5位で 大会を終えた

圧勝で優勝した羽生選手(そして彼のファン)には 悪いが、全日本での高橋選手のスケートは、怪我を負っても なおも エースの演技だった

高橋選手の怪我が11月26日に報道された。
当初は 右足のすねのケガ(右脛骨骨挫傷)との発表だったが、直近では 膝の怪我と伝えられている
膝に水も貯まってしまっているらしい。
当初2週間の安静とのことだったが、マスコミが多くを語らない(取材できていない?)が、予想以上にひどかったのではないか。
(今日の報道では 「高橋陣営は棄権も検討していた」とあります)

良い情報がないまま迎えた全日本
私は ショートプログラムを現地観戦したが、素人ファンがみても 明らかに足に不安を抱えていた

ジャンプの着氷が安定しない。
痛みがまだあるのか、いつものジャンプのおり方でないし、着氷後の流れも違う。
最後のスピンのふらつきには、見ていて辛くなった
ジャンプが増えるフリーで足が持つのか、滑れるのかさえ不安になってしまった。

続きを読む "エースの演技"

| | コメント (0)

2013年12月22日

イタリア食堂 calabria (カラーブリア)

2

徒歩圏 というか 何とか私達の散歩圏にはいる住宅街にある イタリアン食堂 calabria (カラーブリア)
テーブル5卓、席数 16席(17席?)のご夫婦でやっているこじんまりとしたお店
駅から離れた住宅街の中のロケーションからか、お店の規模か、あまり口コミにでてこないのですが、 出てくるときは なかなか評価の高いお店です。

キャパの関係上あまり宣伝していないのかもしれません。

なにせ ランチ・ディナーともに セットが 1250円
パスタに 前菜・フォカッチャ・ドリンク がついてきます。
ランチでは さらに ミニドルチェも。。。

ランチにも関わらず、アラカルトもオーダー可能です。

奥様の メニューの説明が とっても 熱がこもっていて、どれも おいしそうな 迷うこと必然
 
お話を聞いていると、どれも おすすめの様で、ご主人の作るお料理が大好きなんだなぁ・・・と 食べて見たくなります。

続きを読む "イタリア食堂 calabria (カラーブリア)"

| | コメント (0)

2013年12月21日

女子3Aは一度でも成功すれば歴史に刻まれるジャンプ

(動画は グランプリファイナル 浅田選手のショートプログラム(英国版)
本人も納得のトリプルアクセルでしたが、最終的に回転不足となります。
右上の得点表示では 最初のジャンプ後9.50と表示され、当初は認定されていたことを示しています
動画最後に 得点の低さに ”very surprised" と 率直な感想)

いよいよ フィギュアスケートの全日本選手権が始まります。
ソチ五輪の代表選考も兼ねた大会で、男女シングル代表 3選手が決まります。

浅田真央選手の登場で、一気に人気(観戦)スポーツとなったフィギュアスケートは 女子だけでなく高橋大輔選手を筆頭とする男子陣も含め、充実した世代となり、国際大会での活躍も華々しく、絶頂期を迎えた。

そして 今季、日本フィギュアスケート界のトップ選手の多くが引退を表明している

シニアに参戦した 2005年以来 常にフィギュアスケートの話題の中心だった 浅田選手もその一人

単に人気選手の引退というだけでなく、浅田選手の引退が意味するものは、深い 

女子のトリプルアクセルが無くなってしまう 

ということだ

続きを読む "女子3Aは一度でも成功すれば歴史に刻まれるジャンプ"

| | コメント (0)

2013年12月20日

年内にもう1度だけ…

我が中学バスケチームですが、15日の練習試合を今年最後の練習試合として戦い、そして翌16日にビデオを見ながら反省会を開いていましたが…そんな時、21日での練習試合のオファーがやってきました。

少しずつ成長はしてるもの、本当に「少しずつ」なのでビデオ反省会では選手の多くがなかなか上達しない自分たちのプレイに歯ぎしりをしています。

しかしここでもう1試合練習試合を組めることになり、選手たちの表情も少しだけ明るくなった感じがしました。

普段の練習では結構上手くいく4メンアウトオフェンスですが、実際に試合で使うと相手の能力の高さに普段通りのプレイが出来ずミスが増えますが、そんなのは他のチーム同じことでしょう。

いつもと違う相手で課題を試し、それを修正するところに練習試合の意味があり、いちいちその場の勝敗に振り回されていたら冷静な気持ちが保てません。

そしてこの日のミーティングでは彼らの意識を変える為に先日代々木第二で行われた大学バスケ(インカレ)の試合を見せました。

本当なら会場まで足を運び生で見せたいところでしたが、平日に行われたのでビデオで見るしかありません。

それでも速いパス回しや、クイックモーションから放たれるジャンプシュートを見て歓声を上げる彼らは素直だなと思うし、このビデオから何かヒントを得てくれたら良いなと思います。

| | コメント (0)

2013年12月19日

ワイン資料館 @シャトー・メルシャン

Img_26832010年にリニューアルして メルシャン勝沼ワイナリーから シャトー・メルシャン に生まれ変わった

そのエリアは広く、 醸造所のあるワイナリーエリアと 駐車場・宮光園 をはさみ ショップ・ギャラリーのあるミュージアムエリアに分かれる。

ミュージアムエリア内にある ワイン資料館は 1904年(明治37年)に建てられたという日本最古の木造醸造所・旧宮崎第二醸造所跡

現存する 日本最古の木造ワイン醸造所とか。

シャトー・メルシャンの歴史とともに 日本ワインの歴史を知る上でとても貴重な資料が 残されている。

Img_2688

続きを読む "ワイン資料館 @シャトー・メルシャン"

| | コメント (0)

2013年12月18日

練習試合1215

中学バスケチームは15日、午後から練習試合の為に同じ市内のN瀬台中へ出かけた。

今季のN瀬台中は新人大会では第3シードと獲得しており、残念ながら決勝リーグには進出することは出来ませんでしたが、持ち味である粘り強さは健在であり、今回我がチームはその格上のチームであるN瀬台中に胸を借りる形となった。

また我がチーム以外にもO美林中も加わり、半日ではあったが活気ある練習試合になったと思います。

続きを読む "練習試合1215"

| | コメント (0)

2013年12月17日

一人当たり 1万円超

東京ディズニーリゾートでの ゲスト(来園者)一人あたりの売上高って予想つきますか?

運営会社の オリエンタルランドでは 今季の予想を 10,900円としているそうです。
ゲストとは 4歳以上の来園者
2012年度は 10,601円の実績

これには チケット・物販・飲食関係 が含まれています。
半分は チケット代としても 一人当たり 5000円近くを ディズニーリゾートで使っていることになりますね。

パーク内の飲食代も 割高なので、仕方のない数字なのかと思ったら、物販部門だけの数字がでていました。

今年度の商品販売収入は ゲスト一人当たり 4,050円を見込んでいるとか。。。

地方から泊りがけで 2日間とか行く人は どのくらい使っているのでしょうね???
発表の数字どおりなら  1万円近く お土産代になっちゃうのかしら。

自分を振り返ってみても、そのくらい使っているかなぁ・・・・
我が家の場合は 飲食代の比率が高いけど。

改めて、株主優待券がなかったら、早々頻繁に行けない場所だなぁ・・・と思ってしまいました。

段々 夢の国ではなくなっていくなぁ・・・

| | コメント (0)

2013年12月16日

幸せな気持ちになる動画 

The ICE 2013 より

年末の忙しさに加え、 心が痛む話題に接し、 最近 1日に1回は 眺めている 動画です。
心が温かくなります。
ささくれ立った心も静かになり癒されます
相当 傷んでいる時は 涙がでて、邪気を洗い流してくれます。。。

動画は 今年の夏のアイスショー The ICE での浅田真央選手のエキシビションプログラム。
大会を追うごとにプログラムも どんどん魅力が増してきていて、先日のグランプリファイナル では、さらに 慈愛あふれる演技をみせてくれました。
その進化を比べるのも 楽しいです。

浅田選手の演技を ”眼福もの” と表現する方も多いですが、私も 同じ意見です。
特に このプログラムは 見ていて 気持ちいいです

さて、連夜のカーリング女子の活躍に惹きこまれ、寝不足気味の毎日です。
オリンピックまで あと、1勝!!!
小笠原さん、船山さん、小野寺さん、苫米地さん、ミラクルショットを!

そして 今週末は いよいよ フィギュアスケートの全日本です

あっ! 高校駅伝(都大路)もあります
どの競技も 皆さん ご自身が納得するベストのパフォーマンスをされますように。
 

| | コメント (0)

2013年12月15日

決定力と集中力

練習はしてはいるものの、なかなか強くなれない我が中学バスケチーム。

新チームになってから現在までで、技術面はかなり向上したのですが、他チームも同様に練習して向上している関係でその差がなかなか埋まらないのが現状です。

そんな我がチームに重要なのは決定力と思っています。

これまでの試合をビデオ等で振り返ると、シュートに至るまでに「惜しい」プレイで得点に至らず、モタモタしているうちに得点差を広げられて…というのが負けパターンでした。

この惜しい原因がボールキャッチに関わるハンドリングの悪さと、タイミングやコース等精度の低いパスワークが原因です。

もちろん個人のシュート自体にも未熟な点はありますが、その直前のプレイが悪すぎます。

そこで今週の練習ではパス練習における「ミスをゼロにする」ということを課題としました。

下手なメンバーにミスをゼロにするなんて当然無理なのですが、意識を変えないとこの先もポロポロとミスを続けるだけ。

すると少しパスのスピードが遅くなりはしましたがキャッチでのミスプレイは目に見えて減少。あとはスピードを上げることですが、意識を変えただけでこの程度は出来るのですね。

しかしシュートの決定力を上げる2メン等の走る練習ではパス力だけでなく集中力も付けなくてはいけないことを感じさせられました。

この2メン練習では決められたパターンでのシュートを課題の本数(累計)が決まるまで全員で継続して練習をすることにしていますが、ここでは簡単にシュートミスをしない為に外したらその本数を減らしていくという減点方式にしました。

そうすることによりシュートにおける集中力が増し、並行して決定力も上がっていくのですが、だんだん疲れてきたり誰かがミスをすると、その後の人が続けてミスをするという展開になり、その結果なかなかこの練習を終えることが出来ません。

見ていた私も途中でレストを入れようかと思いましたが、何とか持ち直してこの日の課題は達成できました。

本来は人に言われなくても高いレベルを意識して練習をして欲しいのですが、まだまだ初級者グループですから自立するには時間がかかりそうです。

今週末も練習試合を予定しております。これが年内最後の練習試合になりそうですが、強い相手との対戦ですので、心折れずに挑んでもらいたいところです。

| | コメント (0)

2013年12月14日

箱根駅伝エントリー

12月10日は 箱根駅伝のエントリー日

チームエントリー として 各大学最大16名の選手がエントリー表に名を連ねる
(箱根のエントリーの仕組みは 過去記事 へ)

青山学院大の 久保田選手、東海大の中川選手 等 数名の主力選手以外、大きなサプライズはなかった 

久保田選手も中川選手も 秋以降 故障が伝えられていて、覚悟はしていたが、やはり間に合わなかった
残念です。

一方、出雲、全日本を回避した 日体大の 本田選手、帝京大の 蛯名選手はエントリー
本田選手は上尾で復活の好走しましたが、蛯名選手の状態はまだ分かりません
二人とも 最終学年ですから ファンとしては是非走ってもらいたいですね。

神奈川大は 16名のエントリー枠に 今年も14名のみ
エース 柿原選手が 先日 28分33秒とベスト更新するなど 登り調子の神大
ひと暴れしそうな 予感、、、

続きを読む "箱根駅伝エントリー"

| | コメント (0)

2013年12月13日

あの採点の波紋

Fair Judgment for All

フィギュアスケートファンの間で話題になっている 動画です。
スケ連や マスコミがとりあげないなら 自ら主張しようとの動きです。

是非 ご覧になっていただきたい
主張も GJですが、 今季の女子スケーターの 美しさと本気度が 見事に切り取られ、画面いっぱいに踊ります。
ファンの熱い気持ちが 直球で伝わります

続きを読む "あの採点の波紋"

| | コメント (0)

2013年12月12日

ミステリー小説のTV版

ここ数年ミステリー小説にはまっている私(兄貴)。中でも警察物は大好きで、佐々木譲さんや東野圭吾さん、誉田哲也さんらの作品に魅せられています。

ここ最近では中山七里さんの作品を中心に読んでいましたが、つい先日までは富樫倫太郎さんの「SRO」にはまっていました。

登場人物の役職には若干難しさ(皆キャリア組)がありますが、その愛すべきキャラクターは素晴らしいバランスを醸し出しており、これまで5巻が発売されていますが全て楽しませてもらいました。

そうなると、ここ最近の警察ドラマのヒットを考慮すると、我が家ではSROがいつドラマ化されるのか?キャストは誰なら納得できるか?など話題にしておりましたが…。

つい先日TVを見ていたら「この後9時からはドラマSROをお楽しみに!」なんて言っているじゃありませんか!?

もうドラマ化の準備はされていたんですね~!

興味は主役の山根新九郎は誰か?(田辺誠一)犯人役の近藤房子(戸田恵子)が気になるところ。

また小説ではかなりグロかった表現をドラマではどうするのか?を注目していました。

結論としては、よく2時間ドラマでまとめたなぁ~。というもので、シリアルキラー近藤房子を戸田恵子がいい感じで演じていました。

ただ、登場人物が欠けていたのが残念!山根と同じSROに所属している川久保(坊や)や科警研の変人夏目さんがいないのが残念。

そして芝原さん(木村佳乃)の方が山根よりちょっと目立っていて主役気味というのは悪い訳ではないのですが、もう少し山根の「切れる」ところとSROへの「こだわり」を表現して欲しかったですね。

まあしかし、この話はまだまだ続きます。TVドラマも継続して作るのかな?もしそうなら、次回は医療ミステリーになるはず。期待しています!

(ガール追記 小説SROの感想記事は こちら )

| | コメント (0)

2013年12月11日

ヒートアップ

※※※※ ご注意! 一部ネタバレです※※※※

以前記事にした おやすみラフマニノフ の作者 中山七里氏の作品です。

ピアノ奏者で音大講師の 岬洋介が主人公で シリーズ物を展開している 中山氏ですが、 刑事 や 麻薬取締官 を主人公にした犯罪物も複数 執筆しています。

ヒートアップ は 麻薬取締官 七尾究一郎 が主人公

続きを読む "ヒートアップ"

| | コメント (0)

2013年12月10日

練習試合1208

中学バスケチームは8日、再び練習試合をする機会を得た。

今回の相手は同じ市内のM成瀬中と、私の後輩T君が春から指導するお隣K奈川県はK崎市のN川中に来てもらった。

T君は秋田のバスケ名門高校から我が大学に進学。そして今春卒業後の4月から正式に教員として採用された期待の新人教諭である。

またM成瀬中とは8月に1度交流戦で対戦した程度でしたが、昨年度までのチームより高さは無いもののスピードは健在。プレイに少し荒っぽいところがありますが、そんなチームは沢山ありますね。

続きを読む "練習試合1208"

| | コメント (0)

2013年12月 9日

ユロスポを見習ってほしい

フィギュアスケート グランプリファイナルの開催地は 福岡

なのに、テレビ放映の時差は酷かったですね~
1時間くらい ”時差” があったのではないでしょうか。。。

去年のソチでのファイナルでも 同じぼやき を記事にしていましたが、、、
福岡って 国内じゃないの???

ほとんど ネットのライブストリーミングで観戦しちゃいました。
EuroSports(ユロスポ)には お世話になりました。

自国開催なのに、海外テレビで観戦とは、なんとも変なことですが、ライブで放送してくれないから仕方ない。

放映権をもっているテレビ朝日の番組が始まる前に 結果はツィッターほか ニュースで報じられていました。
海外からYoutubeに動画も上がっていました。

だって カテゴリー(種目)毎に6名(組)のエントリーですよ。。。。
何をそんなに編集したのでしょうかね???

続きを読む "ユロスポを見習ってほしい"

| | コメント (0)

2013年12月 8日

忘年会で語り合う

6日の夕方は中学の練習を終えた後に、以前教えていた中学バスケチームのスタッフを中心に少し早い忘年会を行った。

今はバラバラの環境となってしまいましたが、長かったチームスタッフでの関係は今でも変わらず、久々の再開は盛り上がりました。

その話の内容ですが、意外に当時の昔話は少なく、現在の職場における環境や問題について話すという結構「真面目」な忘年会となった。

しかし真面目とはいえ、私自身は他の学校における状況など分からないので、その内容は非常に興味深く勉強になりました。

部活動を指導していると、コーチとしては教えている生徒自身の能力や適性に対して柔軟的に対処しなくてはいけないシーンが多くありますが、難しい生徒の場合、その原因が家庭環境にあることがあります。

当然その家庭環境は駅前だったり郊外だったりと、その地区によって大きく異なります。

また両親が健在なのか、どちらかが単身赴任をしていたり、母子家庭だったりしても部活性としては普段の食生活に影響を与えることはあるでしょう。

また両親が健在であっても、世帯主の収入源が不安定であったり、逆に安定していても職業的な事情により子どもと上手く接することが出来なかったりと本当に色々な環境がある様です。

その不安定なところをサポートするのが学校の担任であったり部活動の指導者だったりするので、「親-先生(学校)-子供」の関係とは実にデリケートなものなんですね。

そんな語り合いで2時間強の時間があっという間に経過し、無事に会はお開きになりました。

次の会は湘南でという予感が…。

| | コメント (0)

2013年12月 7日

アクセルを認めたくない

羽生結弦選手、グランプリファイナル、初優勝!
おめでとうございます

***********************記事はここから******************************

女子のトリプルアクセルは認めない

ちょっと過激な言い方ですが、グランプリファイナルの女子ショートは、そんな悪意すら感じる非常に後味の悪い採点でしたね

現役女子選手で、唯一浅田真央選手だけが跳べるトリプルアクセル
男子の4回転ジャンプ以上の負担が女子選手にはあるのではないかといわれるジャンプだ
その大技ジャンプに挑み続けているのが浅田選手

競技生活の集大成としている今季、トリプルアクセルの精度を高めて、ショート、フリーともに、3アクセルを跳ぶ構成で臨んでいる
3年間のジャンプ見直しの成果が全ジャンプにでている

グランプリファイナルのトリプルアクセルは今季一番のジャンプだった

程よく力が抜けて、高く回転の速いジャンプ
着氷も滑らかで、前2大会であった フリーレッグのタッチトゥもなかった

誰もが確信したトリプルアクセルの成功だが、演技終了後に見直されアンダーローテーションとされた
つまり、回転不足

地上波TVが生中継しないので、私は、ネットのストリーミング放送でライブで観戦していた

3つのジャンプ要素を跳び終えて、高得点を期待した
ノーミスの演技だった
ネットで見ていても、引き込まれて、幸せな気分なった、神演技だった

なのに、出てきた得点は
かなり低い
3アクセルが回転不足で減点されたから

見ていた、ユーロスポーツの解説も、
え!? 高得点じゃない、、、驚きだ!
と、絶句だった

明らかな誤審
3アクセルが
認定された アメリカ大会やNHK杯より、遥かに良いジャンプだったのに、、、

ニュースのスポーツコーナーで、綺麗に着氷している浅田選手の3アクセルの映像を流しながら、回転不足となりました、、、
と、シレっと報道
このジャンプがどうして回転不足なのか、解説する局はない
疑問さえ呈さない姿勢には、本当うんざりする

フランスの解説では、技術点の担当をした ジャッジの 天野氏の名前を挙げて非難していたというのに
そう、この 天野氏、浅田選手の3アクセルに悉く回転不足のジャッジをすることで、有名な人物
"やっぱり!"
フランスの放送の様に、(天野氏がジャッジに入ったから) "やっぱり!" となること自体異常

こんなジャッジをしているから、浅田選手以外で女子選手で トリプルアクセルに挑む選手がいなくなったのではないだろうか、、、

浅田選手のジャンプ判定だけでなく、今グランプリファイナルは 女子シングルでの点数がかなり辛い
ポゴリラヤ(ロシア)選手の2アクセルジャンプの失敗以外 全選手がミスらしいミスのないプログラムを披露したショート
今大会にプログラムを修正してきて見事に滑った
それなのに、なかなか点が伸びない。

失敗以外のジャンプには惜しみなく加点を出していた 男子シングルとは あまりにも対照的だった

(2013.12.08追記)
浅田選手はフリープログラムに2回のトリプルアクセルを入れる 高難度の構成に挑戦した。
残念ながら 最初のジャンプは転倒、次は両足着氷となった
不思議なことに、今回のジャンプこそ回転不足をとられても仕方ないと思われるものだったが、最初のジャンプの回転数は トリプルアクセルと認めるに十分とジャッジされた
担当ジャッジは前日と同じ天野氏

|

2013年12月 6日

課題克服に苦戦

先日の練習試合で、またしても惨敗してしまった中学バスケチーム。

今回は結構心が折れてしまいました。

ビデオを見て思うのは、まだまだディフェンスがもろく、相手の1対1に対してまともに守れず、あっさり抜かれてしまうか、ファールしてしまうかのパターンに…。

また、攻撃面も今一つで、ガード陣のボール運びが淡白で、苦しい場面にドリブルやパスを使いながら、なんとかしてフロントコートに運び、センターに繋げるという所に至りません。

こんな攻撃ですので、ガードのターンノーバーからのカウンターによる失点が最も多く、これを修正しない限り今後も無駄な失点を減らすことが出来ないでしょう。

よって、練習では改めて1対1の強化やパス練習の強化を図り、これと並行して走力トレーニングの強化も図り、まずは相手に負けない体を作ることで再び動き出しました。

とはいえ直ぐに成果が出るとは限りませんので、見守る方にも忍耐が必要でしょう。

今週末には再び練習試合を組んでいます。負けない心作りに向けてチャレンジしていきます。

| | コメント (0)

2013年12月 5日

放置自転車? 盗難自転車?

近所の空き地に、数日前から自転車が置かれている

マウンテンバイクで、左程古くもない
しかし、鍵が掛かっておらず、いかにも盗難自転車が乗り捨てられた感じだ。

通る度に気になるし、放置しておくと、他のゴミを呼び込み兼ねない

自転車には 「防犯登録シール」が貼ってあったので、警察に連絡した。

現地に来た警察は、防犯登録シールの番号を照会して、盗難の被害届が出ていないか、確認
この自転車の持主からは被害届は出ていなかった

で、、、、?

被害届が出ていないので、警察では、これ以上何も出来ないとのこと
???

続きを読む "放置自転車? 盗難自転車?"

| | コメント (0)

2013年12月 4日

楽しみな高1世代

日曜日 日体大記録会の最終2組を観戦に行った

市立船橋高の安井雄一選手や 農大三高の竹下和輝選手他 高3のトップ選手が最終レースに複数名エントリーしていたからだ。

特に 安井選手、竹下選手は 今月末の高校駅伝では、チームが出場を逃したため、母校のユニを着てのレースは最後になるかもしれない
1月の都道府県駅伝は 県のユニだし、2月のクロカンも状態によっては出場するかわからないからだ。

とにかく 高校最後の記録会であることには違いない
また、2週間前の記録会で 中学時代から現在までも 良きライバルとして切磋琢磨してきた 八千代松陰の花澤賢人選手が 13分台の好走を見せているだけに、 もちろん 記録を狙ってくるものと期待しての観戦です。

続きを読む "楽しみな高1世代"

| | コメント (0)

2013年12月 3日

待ち遠しい ”その瞬間”

おすすめ本です

フィギュアスケーター 浅田真央選手の足跡を追った 前作(Book for Charity)、前々作 (さらなる高みへ) が 好評だった 吉田順 氏の 最新作

浅田真央選手に 継続的な取材を続け、バンクーバー五輪以降、浅田選手が辿ってきた日々を綴る

東日本大震災で急遽発売が決まった Book for Charity とは 重なるエピソードもあるが、 前五輪以降の4年間の軌跡を 今回も丁寧に追っている

続きを読む "待ち遠しい ”その瞬間”"

| | コメント (0)

2013年12月 2日

練習試合1201

早くも12月に入ったその初日、我が中学バスケチームは先週に引き続き練習試合を行なった。

対戦相手は同じ市内のY師中です。
また今回はこれまでと異なりY師中とは男女で我が校に来てもらい、一緒に試合をすることにした。
普段から活動を別にしている女子チームと同じ会場で練習試合をすることにより、連敗の男子チームに何か刺激を…ということを期待していたのだが、結果としては先週に引き続き厳しい結果となった。

続きを読む "練習試合1201"

| | コメント (0)

2013年12月 1日

1年振りの箱根本

昨年は購入しなかった 箱根駅伝完全ガイド



今年は、ちゃんと購入しましたよ
この時期 複数の箱根駅伝関連本が書店に並びますが、私はこの1冊だけ購入してます
写真が少し違いますが、ほとんど内容は同じなので、、、

応援している 選手、大学が出場するって楽しいことだな、、、と改めて実感

一番応援している東海大の選手の写真映りも良く、なかなか満足です

大学別の選手プロフィールに 夢と (自分が)一番力を出せる区間 があって、
夢には 東京オリンピック選手、、、というのが複数あって 頼もしく思いました。

また、力を出せる区間は 希望なのか、自分への評価なのか、監督へのアピールなのか、それぞれの思いはあるでしょうが、選手の一面が垣間見れて 興味深かったです。

表紙も、昨年までは注目選手のみの登場でしたが、今年は全大学のエースが
記念大会だからレイアウト大変だったことでしょう

来週には、エントリーが発表されます

いよいよ、ワクワク感が高まってきました

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »