« あの採点の波紋 | トップページ | 決定力と集中力 »

2013年12月14日

箱根駅伝エントリー

12月10日は 箱根駅伝のエントリー日

チームエントリー として 各大学最大16名の選手がエントリー表に名を連ねる
(箱根のエントリーの仕組みは 過去記事 へ)

青山学院大の 久保田選手、東海大の中川選手 等 数名の主力選手以外、大きなサプライズはなかった 

久保田選手も中川選手も 秋以降 故障が伝えられていて、覚悟はしていたが、やはり間に合わなかった
残念です。

一方、出雲、全日本を回避した 日体大の 本田選手、帝京大の 蛯名選手はエントリー
本田選手は上尾で復活の好走しましたが、蛯名選手の状態はまだ分かりません
二人とも 最終学年ですから ファンとしては是非走ってもらいたいですね。

神奈川大は 16名のエントリー枠に 今年も14名のみ
エース 柿原選手が 先日 28分33秒とベスト更新するなど 登り調子の神大
ひと暴れしそうな 予感、、、

応援している東海大は 箱根駅伝 応援サイトが オープンするなど 大学側の応援ムードも高まっています

エントリーメンバーには 1年生6名と 実力者揃いの学年が着実に成長していることがうかがえます

廣田選手、石橋選手、土屋選手は 間違いなく選ばれると思ったが、桐原選手、荒井選手、福村選手のメンバー入りは喜ばしいところ。

特に 桐原選手は 高校時代から大崩れしない粘りの走りがあったが、流石に大学のペースは負担が多いか、、、と、来年以降のメンバー入りかと思っていた
が、予選会、上尾ハーフと 好走が続いており、成長著しい
距離の不安もなさそうなので、最終調整と体調管理に失敗しなければ、出走する可能性大か?

終盤にも大崩れすることのない 福村選手も、春先の故障で 出遅れ感がありましたが、 同学年のチームメイトにしっかり追いついてきました。
ラスト勝負に切れ味鋭いスパートをもつ荒井選手も 距離への自信をつけてきたでしょうか?

また、2年生富田選手がエントリーに入ったのもうれしい
今年はトラックの1500Mで好走していましたが、9月の全カレ後ロードシーズン直前に故障して 予選会メンバー漏れ
上尾ハーフでは 意地の走りをみせていましたが、アピール度では もうひと押し欲しい感じでした。
箱根本での 大学別選手紹介ページには 掲載されていなかったのですが、、、
腐らず地道な努力を重ねてきたことで チャンスが巡ってきました。

他にも コメントしたい選手は多くいますが、これから 3週間 全選手に 体調管理にはくれぐれも気を付けて、万全の調整を図ってもらいたいです
今年の東海大は 1年生が チームに良い緊張感を与えているので、大丈夫だとは 思いますが。

このブログを書きながら、やっぱり 応援するチームが箱根を走らないのは 淋しいものだったんだなぁ、、、と改めて感じます。
今は ワクワク感がとまりません。

応援サイトには 選手紹介など なかなか 充実しています。
また 東海大陸上部(長距離ブロック)のツィッターでは エントリー選手を日替わりで 紹介する企画も開始しました。
選手の写真に 意気込みが自筆で書かれています。

毎日 楽しみに チェックさせてもらっています。

ツィッターアカウント @TokaiLong
90回箱根 応援サイト http://www.u-tokai.ac.jp/hakone2014/index.html

|

« あの採点の波紋 | トップページ | 決定力と集中力 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あの採点の波紋 | トップページ | 決定力と集中力 »