« ミステリー小説のTV版 | トップページ | 箱根駅伝エントリー »

2013年12月13日

あの採点の波紋

Fair Judgment for All

フィギュアスケートファンの間で話題になっている 動画です。
スケ連や マスコミがとりあげないなら 自ら主張しようとの動きです。

是非 ご覧になっていただきたい
主張も GJですが、 今季の女子スケーターの 美しさと本気度が 見事に切り取られ、画面いっぱいに踊ります。
ファンの熱い気持ちが 直球で伝わります

思わず 愚痴らずにいられなかった フィギュアスケート グランプリファイナルの 採点

浅田真央選手の トリプルアクセルの判定 だけでなく、 他選手のジャッジにも個人的にいいたいことは 沢山あった
例えば リプニツカヤ選手(露)の ルッツジャンプ、 突然 エッジエラー判定されるようになったのは 何故??? とか。。。。

少し前のNHK杯 織田選手の4回転の回転不足という明らかなミスジャッジもありました

結局 フィギュアスケートの採点は 4年前から 何の改善もされてなかったんだと、深ーーーーいブルーな気持ちになり、諦めの気持ちに落ち込みました。
4年前の記事

いや、以前より悪くなっているかも。
スケ連やマスコミも 回転不足の疑問が残る判定がまるでなかったのかの様な この問題への スルー状態
大技の回転不足が 得点を1割近く下げている 大きな要因にもかかわらず、疑問も擁護もない

織田選手の誤審判で 分かったことは、 ジャンプの回転判定をするカメラは1か所しかない ということ。
この採点システムが導入され、あれほど 回転不足が話題になっていたのに、今頃報道された事実
それにしても カメラ1台で判定とは なんとも 旧来なシステム

そして、私が最近知って一番 驚いたのは、 フィギュアスケートには 
「採点に抗議をしては いけない」 
という ルールがあること。

ジャッジの判断は 絶対なのか???(ため息)
このルールに耐えうる ジャッジの質の向上を十分に図っているのか??

一定の条件のもと(回数や抗議フィーとか) 選手側に判定の見直しを求める権利を認めている競技が増えています。
体操、テニス、レスリング、フェンシング、、、などなど

競技によって 諸事情はもちろん違うのだが、ファンがしっくりいかない採点が増えているという現実はどうなんだろう、、、と思う。

人気スポーツ競技こそ ファンに分かりやすいルールと判定 
とよく言われますが、、、、
真逆をいっているような気が、、、

 

|

« ミステリー小説のTV版 | トップページ | 箱根駅伝エントリー »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

ガールのぼやき、兄貴の嘆き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミステリー小説のTV版 | トップページ | 箱根駅伝エントリー »