« 多摩大会前だが | トップページ | 事実は小説より奇なり…なのか »

2014年1月28日

14 厚木駅伝

Dsc_2022

今年も行ってきました 厚木駅伝

日によっての寒暖差が激しい今週
この日は 15度にも届くという 暖かさで、曇りがかっていても、午前中にすでに 車の温度計は13度でした。

大学チームは 東海大、駒大、神大、国学院大、国士舘大、農大 等 この駅伝常連チームがエントリー
今年は 2チームエントリーする大学も多く、東海大も1年生主体のA、Bチームで臨みました

優勝は 1区から1秒差の2位と積極的なレースを見せた 国学院大Aが 大会新記録で、2区以降首位を譲ることなくゴールしました。

応援している 東海大は A、Bチームとも 1区の出遅れを 後続区間で逆転できず、5位と9位

Dsc_20703区では 土屋選手が区間賞をとりましたが、区間上位は宮城選手の3位(2区)が続くだけでしたので、この順位も仕方ないところ。

土屋選手と同区間を走った石橋選手は 箱根駅伝直前に故障してしまいましたが、この日は 体調も 今ひとつだったのでしょうか?
随分顔が紅潮していて、、、、 
この後 登り坂を経ての中継所ですが、土屋選手と40秒差が開いての襷リレーでした。

優勝した 国学院大は 6区間中 区間賞が1つ、2位が4区間、4位が1区間と崩れることがありませんでした。

また、神奈川大もA、Bチームで 区間賞3つ
メンバーがA,B散らばっていたので 総合成績は 3位 と 6位 となりましたが、新チームとして好スタートが切れたのではないでしょうか。

1区では 高校生が 果敢に大学生についていました。(上写真)
法政二高の 橋本選手も 東京実業の 越川選手も まだ 高校1年生
二人とも 都大路の都・県予選では 1区を任せられていました。
これからが 楽しみですね。

また この日は 奥むさし駅伝も開催され、こちらは 東海大が 昨年に続き連覇となりました。

|

« 多摩大会前だが | トップページ | 事実は小説より奇なり…なのか »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多摩大会前だが | トップページ | 事実は小説より奇なり…なのか »