« 菜の花と富士山 | トップページ | ランチ @ Sagar »

2014年1月31日

Number は 浅田真央 

ソチオリンピックまで あと わずか

スポーツ雑誌の Number は 浅田真央選手の特集

表紙から 浅田選手の 凛とした 競技に対する姿勢が感じられる 力強く、美しい 1枚
浅田選手ファンには 永久保存版にしたい 1冊

**すみません。上記写真はアマゾンにリンクしていますが、アマゾンでは既に完売してしまいました。
ネットでは 入手し辛い状況のようです。
私は 2/2時点で 近くの書店で 在庫を確認しました。
ご興味の方は お急ぎ お近くの書店に足を運ばれることをお勧めします

特に高評価の特集が 

「私だけが知る真央&2005-2013銀盤の軌跡」

浅田選手の旧コーチや現振付師のほか、世界のスケート界を代表する元選手らが 浅田選手について語っていて、誰もが 愛情溢れる言葉を残してくれています。

そして 2005年からの 美しい 競技写真の数々
写真の選択が秀逸
雑誌にしておくのが 勿体ないくらいの写真が並んでいます。
それだけでも 買って損はないと思います。

特集を通して、浅田選手がどれだけスケートという競技にひたむきで、まっすぐな心を持ったアスリートであるかが 文面にも 行間にも溢れています。
そして、そんな浅田選手だからこそ、これだけたくさんの人たちに愛されるんだってことを、改めて実感します。
誰もが 浅田選手が集大成とする ソチオリンピックで 一番の演技をすることを願っていましした。

私も 1ファンとして、浅田選手を応援することができただけで、幸せだったなぁ・・・と感じる 1冊です。

数々のエピソードと 浅田選手に寄せる 温かいコメントに、 最近、涙腺が非常に緩くなってきた 私には、涙なしでは 読めませんでした。

佐藤信夫コーチが 練習後のランチのエピソードのくだりで、
「浅田選手がずっといろいろしゃべってる。可愛いですよ。孫がいたらこんな感じなんだろうなぁって」 と語っていたのにも 色々な思いがでてきて、心が震えました

Cimg1314

写真は サイズが小さいながら目が釘付になった 浅田選手の 美しいスピン画像 (2008-09のエキシビション)

眼福・・・

浅田選手はジャンプだけでなく、ステップも難度の高いものを実施することで有名ですが、 スピン・スパイラルのポジションも 素晴らしく美しい
照明で映し出された 手前のシルエット には ため息がでます。

敢えて Numberにケチをつけるなら、 スピン・スパイラルの(全身)画像がこの1枚だったことかな。

浅田選手にありがとうの気持ちをもって ソチオリンピックを応援したいと思っています。

|

« 菜の花と富士山 | トップページ | ランチ @ Sagar »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

shizuka 様
いつもコメントありがとうございます。
浅田選手 いろんな意味で 記憶に残る五輪となりました。
なにより フリーの演技で 泣かせてもらいました。

思うところ多いですが、来月の世界選手権で本人納得の演技をしてもらい、その後じっくり今後のことを決めてもらいたいですね。

間違いなく 浅田選手のソチ五輪でしたね。

投稿: shonangirl | 2014年2月26日 19:44

お久しぶりです。私もNumberを書店で買い、Amazonですでに完売で購入できなかったです。先週に近所の書店で購入しました。一言でいうと真央ちゃん特集でした。まだソチオリンピックの本をよんでるので、読んでないですが、非常に楽しみです。ステップはきれいでみていて迫力があります。信夫先生と見直してきた技術が、明日の団体戦と個人戦でだしきれることを願います。

投稿: shizuka | 2014年2月 8日 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菜の花と富士山 | トップページ | ランチ @ Sagar »