« 駅前でランチ @鳥人 | トップページ | 大雪の練習 »

2014年2月 9日

14 神奈川ハーフ

先週は 神奈川ハーフを見に行った

雨の予報で心配されたけど、ハーフスタート時には時折 陽が射してきた
見学する側には よかったけど、選手には 気温が思ったより上がったかな。

コースは例年と同じ個所
高速の高架下の一般道路だけど、現在道路の補修中で コースは決して走りやすそうではなかった

レースは 序盤から 青学勢を中心に先頭集団が形成され、1年生エースの 一色選手が 後半は独走で そのまま優勝(62分659)

青学勢に 良くついていったのが、国士舘大の中村選手(2着63分17) と 山学大 前田選手(3着)、国学院大 稲毛選手(6着)

特に 国学院大勢は 前週の 厚木駅伝でも好走し 優勝、今大会も 後半粘って 落ちてくる選手を拾って順位を上げていたと思います
まだ、箱根駅伝から1か月ですが、新チームとして好スタートを切った感がありますね。

一方で 東海大勢は 序盤から 先頭集団から遅れてしまい、後半にも 失速する選手がいて 残念でした。

スタート時には 高根沢ハーフで優勝した 樋口選手(3年)が 良い表情で一番前のスタート位置をとっていたんですが、1回目の折り返し時点で 随分後方
力が入ってしまったかな?

箱根駅伝に9区エントリーされながら 直前の故障で走らなかった 石川選手が 前半チームトップで、 中盤は ペースが上がり順位を上げていたんですが、最後の折り返し後では 痙攣なのか足を叩きながらの苦しい走りでした。

石川選手に変わり当日エントリー変更で箱根を走った 山下選手も 後半 苦しそうでしたね。

東海大のトップは 20位の小笠原選手(1年 65分06)、ついで 22位 今井選手(2年65分14)
後半も ペースが落ちることなく 良いリズムで走れていました。
序盤に もう少し前の位置で走れていたら よかったのに、、、と残念でした

3月の全日本ハーフが ロードシーズンの締めくくり
レースの反省を合宿で克服して、トラックシーズンに移行してもらいたいですね。

9日は 千葉クロカンですが、、、どうなることやら、、、

|

« 駅前でランチ @鳥人 | トップページ | 大雪の練習 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 駅前でランチ @鳥人 | トップページ | 大雪の練習 »