« 美味なハンバーグ @レストラン シン | トップページ | 寒川の小さなイタリアン COVO »

2014年2月13日

多摩大会2回戦

先月末より始まった多摩大会。我がチームは2回戦からの参加となった。

東京の多摩地区全体でのトーナメント戦ということで、他地区のチームと対戦する良い機会なのですが、ミニ不毛の我が地区ではなかなか勝ち進めないのが現状とも言えます。

オール初心者で心の弱い今期チームなので、とにかく目の前の1試合のことだけを考え頑張ってきました。

そんな我がチームの相手はT川一中。強豪揃いの地区での中堅校で、新人のスコアーを見ると結構ハイスコアを出しているところを見ても我がチームより格上であることは間違い無い様です。

この試合で勝つためには、出来るだけロースコアでゲームコントロールをすることが要求され、その為にいくつかのゾーンディフェンスを練習してきました。

ただ、立ち上がりはマンツーマンと1-2-2ゾーンを切り換えて使うパターンで入り、相手は1人大きなセンターがいましたがリバウンドからのカウンターという形を表現することは出来ました。

しかしオールコートマンツーマンで当たってくる相手ディフェンスに1年生ガードの大滝ははね返されてしまい、ジリジリと離されてしまう。

練習してきたゾーンについてはそれなりに手応えはあったのですが、無理なシュートを放らせてもその後のリバウンドを取ることが出来ず苦戦します。

2ピリ以降でも良い流れを作ることが出来ず、フラストレーションからまずい早攻めからのカウンターを喰らい、前半を6-37と大きく離されてしまいました。

失点の内容に少し不満はありましたが、ガードがミスを減らしてフロントコートまでボールを運び、一回の攻撃での成功率を上げることが出来れば得点差は縮まるはず。

だが、精神的に追い込まれているガード陣は相手マンツーマンを突破出来ず、終盤センター境がリバウンドやゴール下で気を吐いたが、最終スコアー13-75で我がチームの多摩大会は初戦敗退で終わることになった。

ゾーンが機能している時間が結構あっただけに勿体無い内容でしたが、選手達が自分達の弱点をしっかり見ることが出来ない限りこれ以上先に進めないでしょう。

なかなか厳しい現状です。

※個人名は変えてあります

|

« 美味なハンバーグ @レストラン シン | トップページ | 寒川の小さなイタリアン COVO »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美味なハンバーグ @レストラン シン | トップページ | 寒川の小さなイタリアン COVO »