« ミーハーだけど ブーム嫌い | トップページ | 駅前でランチ @鳥人 »

2014年2月 7日

6種8トリプル 

ソチ五輪が始まりましたね
毎度のことながら、”いよいよ”という気持ちと ”もう、、、”という気持ちと、”ようやく” という複雑な気持ちです

日本時間明日未明の開会式を前に 既に昨日から競技が開始されています

モーグルの上村選手は ベテランの余裕を持って準決勝進出を決めました

そして、今大会から 始まった フィギュアスケートの団体戦
初日、羽生結弦選手が SPをトップで滑り、ペアの高橋・木原組も結成1年目ながら 出せるものは全て出し、ランキングでは 参加国(10か国)中最下位でしたが、8位とベストを尽くしました

羽生選手は 初出場の気遅れ・緊張等も全く感じさせず、ノーミスの演技
皇帝 プルシェンコ選手(露) の好演技で 湧く 地元のファンを 唸らせたことでしょう。

明日夜(日本時間は明日深夜から翌未明)に 女子とアイスダンスが行われます 

女子SPに出場濃厚と言われている 浅田真央選手

出国の際に 今大会は トリプルアクセルと SP1回、FP1回 の 計2回にすることを明し、そのニュースが瞬くまに ネット上で話題になりました。

浅田選手が フリーでトリプルアクセル1回ということは、 
6種ある3回転ジャンプ を全部 跳び、
合計11回のジャンプのうち 3回転ジャンプを8回跳ぶ 演技構成にするということだからです。

浅田選手は この構成に 今季序盤に取り組んでいました。 (関連記事
ファンの間では その高難度ジャンプの連続を 唯一浅田選手に許された ”鬼構成プログラム”と呼ばれています

ちょっと 詳細になりますが、フィギュアスケートの現行ルールでは 跳べるジャンプの回数と種類に制限があります
FPでは ジャンプを7回跳ぶことになっています。
(多く跳んだジャンプは無効)

三回転ジャンプの内、各選手が好きなものを二種類選んで それを二回ずつ跳ぶことができます。
逆に言えば、ある種類の三回転ジャンプを三回跳んだり、三種類以上の三回転ジャンプを二回ずつ跳ぶことはできません。
跳んだ場合は 規定数以上のものが無効になります(ザヤックルール)

連続ジャンプは3回までで、内1回は3連続も可能です。

この結果 トリプルアクセルが跳べない5種類のジャンプが可能の選手の構成は、得点の高いジャンプを2回跳ぶとして 5種7トリプルが最難度になります

3回転ルッツ+3回転トゥーループ
3回転ルッツ+2回転トゥーループ+2回転ループ
3回転フリップ+2回転ループ
3回転フリップ
3回転ループ
3回転サルコー
2回転アクセル

(連続ジャンプは ジャンプの特性上 トゥーループかループ しかつきません。)

これが トリプルアクセルを入れ6種類のジャンプを跳べる浅田選手はどんな構成になるのでしょう。

トリプル(3回転)アクセル
3回転フリップ  3回転ループ
3回転ルッツ
2回転アクセル+ 3回転トゥループ
3回転サルコー
3回転フリップ +2回転ループ +2回転ループ
3回転ループ

トリプルアクセル2回、3回転フリップ2回の組み合わせでも6種8トリプルも考えられますが、この場合 体力面で3回転ー3回転を入れることは厳しく 現実的ではありません。

6種8トリプルは 選ばれし者のみができる構成です。
選手には それぞれに 得意・不得意のジャンプがあって、踏切エッジエラーを恐れて 万遍なく全種類のジャンプをプログラムに入れる選手が少ないから。
トリプルアクセルを持っているだけでなく、全ジャンプを跳べる浅田選手ゆえに出来る挑戦です。

さらに言えば、浅田選手は残り 3回の2回転ジャンプも アクセル、ループと難易度の高いジャンプです

私も 6種8トリプルのプログラムは大賛成です。
2大会連続 トリプルアクセル3回の成功も素晴らしいかもしれませんが、 女子選手では 初となるであろう 6種8トリプルへの挑戦も 全く引けをとりませんから。

なにより 佐藤信夫コーチの下、ジャンプを一から見直した成果が 3回転ジャンプを万遍なく跳ぶ、この構成にあるのです。
それに、冒頭のジャンプが連続で トリプルアクセルより プログラムのバランスが良い。

早速に 意地悪なマスコミは トリプルアクセルを”回避” とネガティブな言葉で報道しましたが 

3回のトリプルアクセルは バンクーバーで達成できている。 
最後になるかもしれない五輪で、2連続3回転など、バンクーバーから一から見直してきたジャンプをすべて入れるのも挑戦。
1回の方が得点的にも高い
(2014年2月7日06時02分  スポーツ報知)”

と浅田選手が インタビューに答えている

佐藤コーチが 6種8トリプルのプログラムに戻すことを どう切り出そうかと思案していたところ、今年の初の練習で 浅田選手から提案された という

図らずしも、選手・コーチともに同じ方向をしっかり見ていたんですね。

PS.
団体戦 SPにエントリーされた 浅田選手
ここで トリプルアクセルを決めれば 3回のトリプルアクセルへも挑戦できますしね。

|

« ミーハーだけど ブーム嫌い | トップページ | 駅前でランチ @鳥人 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミーハーだけど ブーム嫌い | トップページ | 駅前でランチ @鳥人 »