« ピアノ リサイタル @東京オペラシティ | トップページ | オステリア アルコ »

2014年3月10日

久々のスクリメージ

定期試験のタイミングも関係しましたが、多摩大会に大敗してからゲームらしいゲームをしてこなかった我が中学バスケチーム。

その間にコーディネーションドリルを取り入れて考える頭を作ったり、3年生が受験を終えて練習に加わったりと、それなりに変化を取り入れながら練習をしてきました。

そして9日はオールコートでの練習が出来るということで、3年生を入れながらスクリメージ中心の練習を行いました。

課題は沢山ありましたが、コーディネーショントレーニングの成果を見たいと思ったのでディフェンスはマンツーマンだけにし、途中パッシングゲームを入れたりして少し頭も使ってもらいました。

「暴れたい気持ち」が先行していた3年生でしたので試合開始ではガンガン飛ばしてくると思いましたが、練習不足ですので途中からガス欠になること予想していました。

それでもわがまま言って出続けるのではなく、自主的に選手交代出来たところを見ると少し大人になった証でしょうか…。

そんな3年生ですが相変わらず個人能力は高い。特にGF川上の1対1やPF田中のリバウンドはレベルが異なり、現役メンバーも必死に守ろうとしますが単体では歯が立ちません。

現役チームとしてはセンター境を中心に攻撃し、それなりに良いゲームを展開したのですが、勝負処におけるガード陣のちょっとした迷い(パス)を3年の川上や朝山がしっかり読み、そこからのカウンターで突き放されてしまいました。

それでもAチームならまだ相手になるのですが、Bチームになるとサンドバッグ状態になってしまい、タイムをとって指示をしてもなかなかどうなる状態にはなりません。

とはいえこれまでは少ないメンバーの中で5対5や4対4でしのいできた今期チームですので3年生が胸をかしてくれるこの状況は夢のようです。

今月いっぱい、もしくは彼らが高校入学するまでは少し相手をしてくれることでしょうから、その間に少しでも戦う集団になることを期待したいですね。

※個人名は変えてあります

|

« ピアノ リサイタル @東京オペラシティ | トップページ | オステリア アルコ »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピアノ リサイタル @東京オペラシティ | トップページ | オステリア アルコ »