« ロシアは女子だけではない @世界ジュニア | トップページ | 見納めの吉野梅郷 »

2014年3月17日

ソチ五輪・パラリンピック 閉幕

1か月強に亘って 開催された ソチ五輪・ソチパラリンピック も 無事閉会されました

パラリンピックでも 日本勢が 健闘し 連日のメダル獲得のニュースもうれしいものです。

私自身は 一番不安に思っていた テロ等の事件がなくて 本当によかったと思います。
(ウクライナ情勢で パラリンピックは 不穏な感じもありましたが、、、)

近年の 五輪は 常に開催されるまで 開催が危ぶまれるようになっています。

ひとつは 国の財政状態のため競技会場等のインフラが整備できるのか、、、ということ。
財政上問題ない国は ロンドンやソチのように テロ対策が十分できるか、、、ということ。

ソチは ホテルが間に合わなかったり、地元住民への電力供給不足があったり、日程にタイとな部分があったり と 問題がなかったわけではありませんが、 総じて成功裏に大会を運営できたのではないでしょうか。

特に 開会式・閉会式の 豪華さ・重厚さは ”ロシアの威信をかけて” の冠言葉がぴったりの もので、非常に印象深かったです。

一方で オリンピックの有り様を考えさせられることも度々ありました。

暖かい気候による 雪のコンディション
不可解な判定
採点競技での 高得点狙いによる 技の画一化 (それに伴う 競技としての面白さの減少)
コース設定 の 公平さ
情報戦 と 競技後の場外乱闘 
などなど

オリンピックの 商業化は とまりません。
確かに 広告効果は抜群でしょうが、 見え隠れする 企業(そして国)の思惑に しらけさせられる気持ちもあります。

派手な見栄えの良い 競技やルールの採用など ”4年に1度” しか見ない ライトなファン層向けへの 場となりつつある面も否めません。
文字通り ただの 祭典 となっていくのでしょうか。。。

個人的には 次の冬季五輪は 凄く不安です
積雪量のほとんどない 場所での開催です
競技施設だけでなく インフラ整備も遅れています。
既に ジャンプ台は 風の影響を受けやすいと NGが出されています
アルペン競技やリュージュ等の競技会場として 十分なものができるのか不安視されています。

そして、一番の懸念がが、自国選手が負けた場合の 場外乱闘
ソウル五輪ほどのハチャメチャぶりはないよう願うばかりです。
ホスト国として 節制した対応がとれるか、、、本当に不安です。

東京五輪は 他国から不安視されることないよう、粛々と準備を進めて欲しいと思っています。

|

« ロシアは女子だけではない @世界ジュニア | トップページ | 見納めの吉野梅郷 »

#卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロシアは女子だけではない @世界ジュニア | トップページ | 見納めの吉野梅郷 »