« ソチ五輪・パラリンピック 閉幕 | トップページ | ビデオ会0317 »

2014年3月18日

見納めの吉野梅郷


テレビの報道でも紹介されていますが、平成21年来 梅の木がウィルスに感染し、その対策を講じてきた吉野梅郷



Ome 早期に梅の里を甦らすために、梅郷一の名所の 「梅の公園」 で今月末を持って全樹を伐採することを予定しています
見納めと思い、今日出かけてきました







先週末は南側で5分咲でしたが、一気に開花がすすみ ほぼ満開です。
公園の正面口よりの北側は今が咲き始め です。
連休後半が見頃となりそうです。





Dsc_2522



1972年の開園以来 一時は 約1700本の梅が咲き誇った 梅の公園
ウィルスの発見以来 感染樹木の伐採をしたため、現在は 梅の木は 1200本まで減少しています。





公園内でも 伐採された跡が 痛々しく残っています。
それでも 美しい 梅の公園です
全盛期はどれほどの 美しい姿だったのだろうと、今まで足を運ばなかったことを後悔しました。



国の規定では 感染が敷地内の1割を超えると全伐採が必要とされていますが、梅の公園の場合、1割は超えていない。



それでも、青梅市では いずれ大量伐採で景観が大きく変わるのならと、早期に 公園内の全梅の木を伐採して 「一からの再生」を目指す選択をしました。



因みに ウィルスは プラムボックスウィルスで 梅やモモの木を弱らせてしまう病気
感染木を触ったり、実を食べても人体に影響はありません。
実の形が悪くなったり、収穫量が減るという影響があるそうです。
最適な抗ウィルス剤がないため、現時点では 全伐採が 一番効果のある対策なのだそうです。



ウィルスの媒介は アブラムシ
青梅市および周辺地域から 梅・モモの木(葉・種を含む)の持ち出しは禁止されています。





Dsc_2514



伐採後は3年間、同じ場所に梅の木を植えることを自粛する必要があります。
このため 梅の公園の再興には 10年かかると言われています。





すでに、別の地で植樹の用の梅の栽培が始まっているそうです。
一日でも早い再生を期待したいですね。

|

« ソチ五輪・パラリンピック 閉幕 | トップページ | ビデオ会0317 »

その他のあしあと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソチ五輪・パラリンピック 閉幕 | トップページ | ビデオ会0317 »