« ビデオ会0317 | トップページ | みつまた の個人ガーデン »

2014年3月20日

梅の公園

Photo

吉野梅郷 梅の公園

丘陵を生かした公園には 80品種、1,200本の梅があります。
規模も大きく、その多彩な風景は 実に美しい
曽我梅林 や 湯河原梅林 とは 趣が全く違って、大変楽しめました。 

正面口と東口があり、賑やかなのは 正面口
入場料 200円
再入場は チケットをみせることで 可能

梅は 東口側から 開花してくるようだ。
3/18時点で 東口(南)側は ほぼ満開
正面口(北)側は 先始めという感じ

公園内は アップダウンがあり、足元には要注意
整地されてはいるが、舗装はされていない通路もあるので、 雨の日は心配だ。
やや キツメだが、舗装されたスロープがあり、車いすで入場も可能

Dsc_2517

適度な間隔で ベンチが設置されていて、小休止を気軽にとれる

園内にゴミ箱は見当たらなかったが、飲食は可能で お弁当を広げるグループも多い

既に 伐採がされたところは 空間となっていて 寂しい限り
今は 東口側の あずまや付近が一番 木が密集していて 美しい

多種類あるだけに、色目も多く、景色に奥行きを感じられる。
1700本あったといわれる 最盛期は どんなに 迫力があったのだろう、、、と 想像せずにいられない。

Dsc_2512

これから 正面口側が一斉に満開となるだろう
ただ こちらのエリアは伐採された箇所が多い。
(左写真 は 通路を挟んで 左側は全て伐採)

枝垂れ梅は 公園内の一番高い場所にあり、恐らく 開花が一番最後。
今年は 3月末に 公園内の伐採が予定されているので、 枝垂れ梅は みれないかもしれない。

前の記事の通り、今年の梅まつり後に 全樹木の伐採が行わるため、次回訪れる時は 公園の感じも変わっていることだろう。

既に 福寿草や ニホンスイレンが 植えられて、新しい表情をつくりつつある。

最寄駅は JR青梅線 日向和田駅
エリア上げての 吉野梅郷 梅まつり で 案内は至るところにあり、間違えない
二俣尾駅までの 散策コースもある

Dsc_2519

正面口付近も含め 臨時駐車場も多数
駐車料金は 1回500円で 統一されているようだ。
公園近くは 道幅も狭く 露店があったり、散策する人も多い。
歩くのが苦でなければ、少し離れた駐車場の方が 早く着けるかも。 

|

« ビデオ会0317 | トップページ | みつまた の個人ガーデン »

あしあと in 東京♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビデオ会0317 | トップページ | みつまた の個人ガーデン »