« IC 乗車券で 割高も !? | トップページ | 鎌倉の流鏑馬 »

2014年4月19日

データーで反省

期待とは裏腹に、あっという間に終わってしまった中学バスケの春季大会。

気合を入れていた反動で、帰宅してからは激しい脱力感との戦いがしんどかったのですが、選手達も次は最後の夏なので、ここはしっかり反省点の分析をしなくてはいけません。

選手にもつけさせている試合データー表もあるのですが、改めて試合ビデオを見ながら自分でデーターを確認していきます。

練習の甲斐あって、ビデオでうつる彼らの姿はこれまでで一番頼もしいです。

しかし、ガードからフォワードへのパスでミスが多いです。それも凄く多い。

まあ、上達する為にはミスは付き物ですから、前向き(攻撃的なシーン)でのミスは仕方ないでしょう。特にリバウンド・カットプレイからのカウンターパスなどはこれからも出していかねばならないので、ここでのミスは目をつむる。

しかし、エンドやサイドでのボール入れに伴う単純なパスミスは修正していかねばなりませんね。

相手はここでのミスを確実に得点していきました。

ミニの無い我が地区では体力や体格は良くても、ここまでシュート力のあるチームはありませんでした。特に2人も確率の高いシューターのいるチームなど想定外でした。

でもここで体験したわけですから、これからはマンツーやゾーンでもアウトシュートに対するプレッシャーのかけ方をもっと意識させ、無理なシュートを放らせるようにしなければなりませんね。

またプレスディフェンスについては、ようやく練習の成果が表れてきた感じがします。生徒らにもこのビデオを見せて修正点を確実に理解してもらい、もっと狙い通りのカットプレイが出来るようになってもらいたいと思います。

ただ、悪いところだけではなく、良くなったところもあります。ディフェンスにおけるスクリーンアウトからのリバウンドなど、練習でやってきた様に接触を恐れず表現出来たと思います。

そして下級生の成長も見られました。2年生FW高見はまだ成長痛もあり、思うように走れないところなどありますが、この試合では3Pや飛び込んでからのフローターシュート等、そのオフェンス力を見せることが出来ました。

高見の活躍は上級生にも刺激を与えますし、彼に負けないように3年生も1対1で頑張ってもらいたい。

まだまだこのチームは成長できます!

※個人名は変えてあります

|

« IC 乗車券で 割高も !? | トップページ | 鎌倉の流鏑馬 »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« IC 乗車券で 割高も !? | トップページ | 鎌倉の流鏑馬 »