« 大学練習試合0406 | トップページ | 真央展 @ 日本橋高島屋 »

2014年4月 9日

東京六大学対校戦

Dsc_2550

今年も 六大対校戦を観戦してきました。

場所は 八王子の 上柚木公園陸上競技場
国立競技場が改修工事に入るので 今年から 各種大会の会場が行きなれない場所になることも。。。

5月の関東インカレも 1週目が 熊谷、2週目が新横浜 の予定です。

私は 上柚木競技場まで 車で出かけました。
最寄駅 (南大沢)から 徒歩約20分
町は綺麗で 自然も多いのですが、少々アップダウンのある道のりです。

普段足を延ばさない場所へ出かけるきっかけになると ポジティブにとらえましょう。

競技場は とってもローカルなのんびりとした雰囲気です。
お天気が不安定ながら なんとかもってくれたのが幸いでした。
陽射しは温かでしたが、風が冷たく、まだ 座布団・ひざ掛け等の観戦防寒グッズは必要です。

 

風が強めで アナウンスが良く聞こえなかったのが残念でした。

関東インカレでも活躍が期待されるルーキー達の新ユニでの姿を楽しみにしていました。

100Mでは 慶大のルーキー 小池選手が 早大 九鬼・竹下選手、法大 大瀬戸選手の実力者との接戦を制しました。
スタート直後から 大瀬戸選手がレースの主導権を握っていて そのまま トップでゴールと思わったのですが、小池選手の終盤の追い上げが最後にかわしたみたいです(10秒37 PB)。

慶大のエース 山縣選手は この日 リレーも回避して 応援とサポートでした。
関カレでは 慶大は今年2部での戦いになるので、 山縣・小池選手と 他大学のトップ選手との戦いは 全カレまで お預け・・・という
なんとも もったいない感じです。

Dsc_2642400Mでは 早大のルーキー 加藤修也選手が オープンレースで 組トップ
4x400Mリレーではアンカーを務め、早大も慶大を振り切って優勝でした。
加藤選手が 関カレで 上級生にどう 挑むのか今から楽しみです。
リレーチームでは 日大のマイルチームとの対決が楽しみです

長距離種目の 5000M
オープンレースでは 明治の 横手選手が 序盤レースを引っ張り 途中先頭を譲りますが、最後には 後続を離しての トップでゴール
レース中盤で 先頭を走っていたのは 早大の 三浦選手
そのまま トップでゴールかと思いましたが、終盤タレテしまったのは残念です。

Dsc_2630

対校戦では 早大の高田選手と法政大の 岩崎選手が終始レースを作っていました。
3000Mを過ぎたところで 岩崎選手が前にでると 法大 関口選手も ついていき、一気にペースアップします。
法大二人のペースは落ちることなく、ラスト1周の鐘の時点では 今年も 法大で ワンツーかと思いました

が、ラストに抜群の切れ味を持つ 高田選手が ラスト200Mから 猛追をみせ、ホームストレートでついに逆転して 優勝

後半の2000Mにみせた 法大の二人の走りも見事でしたし、 ラスト逆転した 高田選手も凄かった

早大のルーキー達の登場も楽しみにしていたのですが、こちらは DNSでした。

今週末も 日体大記録会や 大学対校戦が予定されています。
好記録がでることを期待します。

観戦する際は 防寒対策を お忘れなく!!!

|

« 大学練習試合0406 | トップページ | 真央展 @ 日本橋高島屋 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学練習試合0406 | トップページ | 真央展 @ 日本橋高島屋 »