« 東京六大学対校戦 | トップページ | 抹茶くず餅 @コレド室町 船橋屋 »

2014年4月10日

真央展 @ 日本橋高島屋


現在開催されている "浅田真央 23年の軌跡展" に行ってきました

8日の初日から 1万人の来場者 と 人気を博し、ニュースにもなりました

ネットの情報では、『混雑してはいるけど、皆さん整然と観覧している 』とあったので、慌てることなく、11時頃高島屋日本橋店に到着

通り沿いのウィンドウは 浅田選手の写真が飾られていて、思わずカメラを向けてしまいます
ふとみれば、同じように 撮影する人多いです

真央展は8階の催事場なのですが、正面入り口にもディスプレイがあって、ここでも写真、、、ーとなかなか進めません (笑 )
すぐ横の maomaoブランドの物販も気になるし、、、

真央展は今季のエキシビション “スマイル”の写真と衣装が入口に飾られています

会場内は写真撮影禁止です

浅田選手がスケートを始めるきっかけとなった バレエの写真から 展覧会は始まります

幼少、プライベート等の写真も 興味深いですが、やはりジュニア時代からの 衣装が見応えあります
懐かしいものや、記憶に深く刻まれているもの、、、

浅田選手の プログラムに対する思い出や、試合の感想が 添えられています。

先シーズンの メリーポピンズの衣装には

「もう22歳になのに、こんな格好をして大丈夫なのかなと思ったのですが、もうやっちゃえ!みたいな(笑)」

とのコメントがあって、それが とっても浅田選手らしくて、微笑ましかったです

衣装は どれも 演技しやすいように、美しく見えるように、と きっと 細かなところまで計算され 拘りがあって、手が尽くされているのだろうな、、と 感嘆するものばかりでした。
生地の光沢さえも 間近でみると 多くの思いが託されているだろうと想像されます。

私には 今季のラフマニノフの衣装と バンクーバーの 鐘の衣装のヒダの部分が 同じように見えて、バンクーバーから繋がっていたんだと思ったり、やはり 名プログラムには 名衣装なんだなぁと 勝手に納得しました。

メダルとスケート靴も展示されているのですが、衣装が想像していたほど 傷みがなかったのに比べ、スケート靴は 本当に履き潰される手前でした

オフアイスの写真の中に 和服の浅田選手とザンナコーチのツーショットも
成人式かな?
素敵な1枚でした

入場無料とは思えない 充実した展示です
リピーターが絶えないのもうなづけます

会場内では 書籍、DVD, CD が、1階エントランス付近では maomaoブランドの商品が販売されています
また、会場出口で渡されるチラシ提示で 一部ショップで優待が受けられるサービスも企画されています



真央展は この後 大阪、名古屋、横浜、京都でも開催されます
モチロン 横浜にも行きますが、出来ればもう1回行きたいです

日本橋での真央展は21日まで
地下鉄の高島屋方面の出口近くにも 浅田選手の写真が多数掲示されていますので、そちらもお忘れなく!

|

« 東京六大学対校戦 | トップページ | 抹茶くず餅 @コレド室町 船橋屋 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京六大学対校戦 | トップページ | 抹茶くず餅 @コレド室町 船橋屋 »