« 我が家ももうすぐ | トップページ | 浅田真央 夢の軌跡 »

2014年4月15日

大学 初レース

Dsc_3239

週末 日体大の記録会に行ってきました

新シーズンへのスタートとして 各大学の戦力の底上げ、怪我からの復帰 そして 新入生の 大学での馴染具合など 興味が尽きないこの時期
ある意味 楽しみな 記録会です

そして 土曜日の1万M、日曜日の5000M と 最終組で 好記録が多く出て、華やかなシーズン明けとなりました

個人的に目を惹いたのが 応援している 東海大が 大量にルーキー達をエントリーしてきたこと
大学の練習にスムーズに移行できた選手は 一気にタイムが上がりますから、 上手く適応できた選手が多かったのでしょう

中でも、川端千都選手(綾部高)が 大学初レースで 途中からレースの主導を握る好走をみせ、最後にはトップ争いを制し、タイムも 13分台を出す 自己ベストの走りを見せたのは 立派でした

川端選手は 高校時代から 大きな大会での実績があります
高校が強豪校ではなかったため、 都大路での出走はありませんでしたが、 インターハイ、国体、広島駅伝と 代表に選ばれ、それぞれのレースで しっかり結果を出してきました

入学時の 5000M自己ベストが 14分11ですが、恐らく記録会にでていなかった、ということで、実力的には 13分台も驚くタイムではありません
とは いうものの、 大学初レースで 普通なら 気負いもでてしまうであろう場面で、 川端選手らしいレース展開で、しっかり 結果をだすところが、素晴しい

私は 幸運にも 新潟インターハイ以降 川端選手の レースを見る機会が 幾度となくありましたが、 失敗レースをみたことがありません
大舞台で強いのも 魅力ですね

週末の四大対校戦では 10000Mにエントリーしています
関カレ 1週間前の GGNにも エントリーですから、きっと 関カレのメンバーにも選ばれることでしょう
上級生との戦いぶりが楽しみです

他の1年生も 序盤から気おくれすることなく、前を狙う積極的なレースでした。
ただ、ちょっと力みが感じられたのが残念
終盤のペースアップになかなか対応できず、ほろ苦いデビュー戦になった選手が多かったです。

 

140414

|

« 我が家ももうすぐ | トップページ | 浅田真央 夢の軌跡 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 我が家ももうすぐ | トップページ | 浅田真央 夢の軌跡 »