« 珠屋洋菓子店 | トップページ | 辻井さんのピアノ @オリンピックコンサート »

2014年6月 6日

新人練習0603

期待の大学バスケ新人チーム。

最近ではトーナメント戦が終わると3,4年メンバーと新人(1,2年)メンバーとで分かれて練習を行っています。

練習内容も、その年のリーダーによって内容が異なりますが、先日出かけた時にはマンツーマンディフェンスの分解練習や、セットオフェンスの練習を行っていました。

まだまだ実力を認められていない下級生たちからすれば、今はアピールする為に重要な時期とも言え、当然練習では皆張り切っています。

個人的に今年のメンバーは1対1のオフェンス能力が高いと思っていましたので、波に乗ったらどこまで得点を取れるのか楽しみでもあります。

しかし、それには攻撃のきっかけである「ディフェンス」がある程度出来ないと、スピーディーかつ精度の高いオフェンスへ繋げることは出来ませんし、泥仕合になるかもしれません。

この日のスクリメージではそのまずいシーンが見られました。

新人メンバーを4チームに分けてスクリメージをしていましたが、最初のAB同士の試合ではまだディフェンスをやろうとしている姿勢は見られましたが、次のCDチームの試合ではスピードはあるもののディフェンスが付ききれず、ボクシングでいえばノーガードの打ち合いの様な状態に…。

確かにハイスコアな展開で、このスピードの中得点出来るなぁ…とも言えますが、ディフェンスがこのレベルでは下位チームとの対戦でも失点が多く、きっと泥仕合になってしまうでしょう。

ましては初戦は格上である1部校との対戦ですから、きちんとマンツーマンディフェンスが出来ないと大量失点で敗れてしまうことでしょう。

練習後の反省では部長先生もこの点を鋭く指摘。これですぐにディフェンスが良くなるとは思いませんが、何とかしようと思わない限り成長は無いでしょう。

とはいえ週末には新人チームの試合が組まれていますからやる気満々なことでしょう。

どこまで自分たちのやろうとしていることをコートで表現出来るか楽しみです。

|

« 珠屋洋菓子店 | トップページ | 辻井さんのピアノ @オリンピックコンサート »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 珠屋洋菓子店 | トップページ | 辻井さんのピアノ @オリンピックコンサート »