« 意地の3名入賞 @南関東 3000SC | トップページ | 今夢中の本 »

2014年6月30日

全国でもワンツー 期待 

Dsc_6199

全国の優勝争いレベルのレースが地元で見れることの幸せ感はありません。
今回の 南北関東大会のうち、特に 南関東男子 幅跳び、110H、4x400Mリレーは 優勝を狙える 選手(チーム)が多数いました。

中でも 110Hは 神奈川が誇る と言っても 過言でない 高校記録保持者、古谷拓夢選手(相洋) と 古谷の記録を破るなら、、、と目される 金井直選手(市立橘)がいます。

世界も経験している二人は纏っているオーラがもう違いますね。

レースは 古谷選手が 中盤から抜けだして、14秒24で優勝
2位に 金井選手でした。
この日は 風も強かった(-1.8M)

Dsc_6185

二人が並んで 全国でも優勝争いをしてくれることを 大いに期待します。
(110Hは 確かTV中継されたはず・・・)

この日のレースでは まだまだ 古谷選手に大きく分がありそうですが、古谷選手は110Hのほかに 400H、4K,マイルリレーと 多数エントリーします。
全国総体でも 110Hは最終日
マイルリレーを控えての 準決勝・決勝 だったはず。

相洋高校は リレー種目も優勝を狙えるチームですから、気も抜けません。
上手く疲労を抜くコンディショニングしながら戦うことになります。
この辺が 二人の対決にどう影響するか。。。
また、 110Hでは 大阪 東海大仰星の 川村直也選手もいますから、注目ですね。

今回で 高校陸上 (南)関東大会の記事は終わりにますが、 ひとつ気になったのは 山梨勢が元気なかったこと。

今年の 高校総体は 南関東総体で 東京・神奈川・千葉・山梨 の4県で開催され、陸上は 山梨が会場となります。

応援は 全国から来ますが、なんといっても 地元選手の活躍は 大会を盛り上げます。
しかし、 南関東大会の決勝結果を見ると、なかなか厳しい。
男子のトラック種目では 1500Mで 韮崎高校の 高橋将平選手のみ と寂しい結果になってしまいました。
特に 山梨学院大附が 強い学年が抜けたといえ、後輩が伸びていなかったのが 驚きでした。

|

« 意地の3名入賞 @南関東 3000SC | トップページ | 今夢中の本 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意地の3名入賞 @南関東 3000SC | トップページ | 今夢中の本 »