« 藤稔の季節になりました | トップページ | 中学バスケ臨時コーチ »

2014年8月18日

大学練習試合0813

昨日も大学バスケチーム(Bチーム)は練習試合でした。

今回の相手はN体大のBチーム。N体大といえばかつての大学チャンピオンチーム。今は関東2部におりますが、おそらく部員数は我がチームよりも遥かに多く、Bチームといえどもレベルの高いものと想像していました。

実際会場でのアップを見ても、センタープレイヤーはダンクシュートをしていたり、ガード陣もよく鍛えられたマッチョ体型で、かなり強そう…。

そんなチームを目前にしたら気合いが入ることは不思議なことではなく、この日の我がチームは立ち上がりから精度の高いシュートを決めて主導権を握ろうとしますが、相手はその身体能力を生かして3Pやインサイドプレイでシュートを決めてきます。

しかし我がチームは、相手のこぼれ球から連続して速攻をねじ込み、試合の流れをこちらのものとする。

テンションの高い我がチーム。この順調な流れにより、3ピリに入ったところで20点差程度リード。

そこでベンチメンバーを投入したところN体大の底力で一気に追いつかれてしまい、ベンチはざわつき始める…。

最終4ピリに入ってスタートに戻すもN体大の勢いが止まらず、このまま敗北か?と思ったところでディフェンスを練習中のゾーンに変更したところ、これが大いに機能して、それまで落ちることの無かったN体大の外角が決まらなくなり、このまま我がチームが勝利することが出来ました。

Bチーム同士での試合でしたが、なかなかレベルの高い部分もあり興奮しました。

ここで得たものを練習で更にステップアップさせ、一人でも多くAチームに昇格してもらいたいところです。

|

« 藤稔の季節になりました | トップページ | 中学バスケ臨時コーチ »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤稔の季節になりました | トップページ | 中学バスケ臨時コーチ »