« 間もなく始まる大学リーグ | トップページ | グリーンシーズン@白馬4 大出の吊り橋 »

2014年8月31日

グリーンシーズン@白馬3 八方池までトレッキング

グリーンシーズン@白馬2 からの続き)

Dsc_7752

自然に包まれた白馬での夜は静かで、いつもより 眠りが深かったようだ。
早く就寝したこともあったが、いつもより1時間早く目覚めてしまった。

すぐに カーテンを開けて 空をチェック
前日の天気予報は 曇りのち雨

雨模様だったら トレッキングは諦めよう・・・ と話し合っていた。

しかし、期待以上に かなり空が青く明るい

ならば 天気が変わる前に 行っちゃおう!!! と 超特急で 朝食→チェックアウト を済ませ ゴンドラ乗り場へと向かいました

目指すは八方池 
白馬連峰が水面に映る景色が素晴らしい と人気のスポットです
ゴンドラとリフト 合計 約20分 トレッキング90分の行程です

Dsc_7751

ゴンドラとリフトの共通券は 2900円
宿泊ホテルで 割引チケット(2610円) が購入できます。

(ゴンドラの割引チケットは 八方だけでなく 他のエリアでもあって、宿泊先のホテルで購入可)

( 八方尾根自然研究路を紹介する白馬村のHP )

ゴンドラとリフトで空中散歩を楽しみます。
ゴンドラの終点 兎平 や リフトを1本上った 黒菱平 まで登るだけでも 景色が全く違うので 十分楽しめると思います。

Dscf1051

この日は コンデジ持参
リフトに乗りながら 写真撮影をするも 徐々に 上空に雲が増えてきます

八方池までのルートは2つあって 私達は 優しい 木道コースを選びました
途中で気付いたのですが 岩場が多いものの起伏が多く景色が良い登山道コースは修復中だったようです。
このためか 木道はかなりの混雑をしていました。

木道が終わると 八方山ケルン
この先は 岩場しかありませんが 残すところ25分強で八方池です

Dscf1054

写真は 少し進んだ 第2ケルン
ケルンの前で記念写真を撮る人多数
目指す八方池は 青矢印の先にあります。 

この付近も 唐松岳と不帰ノ劍 の景色が美しいとされる場所ですが 急速に 雲が降りてきて 空模様が怪しくなってきました。

歩みを速めて 八方池を目指しましたが 八方ケルン(写真矢印の左側)手前でついに降り出してきてしまいました。

雨の中 到達した 八方池です

Dscf1057

霧も降りてきて 周辺の景色が消されてしまいました。
残念ながら 八方池の美しさを目にすることは 叶いませんでした。

雨の天気予報だったので、 酷くなる前にと急いで 下山しました。

私達は トレッキングシューズではなく スニーカーで 足元は濡れましたが、雨合羽は持参し助かりました。

雨具の用意のない人は もちろんずぶ濡れですし、傘を持参した方は 下山時の岩場で苦労されていました。
歩いている時は 身体を動かしているので 濡れても左程辛くないかもしれませんが、 リフトで下山する際に一気に体が冷えてしまいます。
雨具だけは しっかり持参されることをお勧めします。

Dscf1053

残念ながら 期待した景色は見ることができませんでしたが、トレッキング自体は楽しく 下山後も 爽やかな疲労感でした

高山植物も 多く、 その点でも 楽しかったです。

私達は ゴンドラに一番近い駐車場を利用しました (1日 600円)
ゴンドラ周辺は 有料駐車場のみで 相場のようです
無料駐車場もありますが、ゴンドラ乗り場からは 少し歩きます。
雨具を着用したとはいえ 濡れながらの下山でしたので、車が近くにあったのも良かったです。

8時に 出発して 12時過ぎに 下山 と ほぼガイド通りの行程でした。

( 続く )

|

« 間もなく始まる大学リーグ | トップページ | グリーンシーズン@白馬4 大出の吊り橋 »

あしあと@北信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 間もなく始まる大学リーグ | トップページ | グリーンシーズン@白馬4 大出の吊り橋 »