« 大学練習試合0831 | トップページ | 古民家の湯殿 »

2014年9月 4日

ホテルシェラリゾート白馬

(白馬滞在記 グリーンシーズン@白馬5 青鬼集落 の続き) 

白馬滞在の 2泊目に 利用した ホテルシェラリゾート白馬

ホテル HP の 写真にも 沢山掲載されているが、 3万坪の森に囲まれているその姿は リゾート感 たっぷりで とても 満足度の高い滞在となった。

場所は 白馬から 栂池方面に行った途中、落倉エリアにある
白馬駅周辺の にぎやかさとは 一線を画す感じ
車利用でない場合は 無料の送迎サービスがある。

県道433号線から見えるのは 水がふんだんに使われているホテルの看板だけ。
県道から ホテル入口までの アプローチは長く プライベート感が高い。
アプローチ自体も 表情があって ワクワク感を 盛り上げてくれる。

このホテル、 至る所に 空間がたっぷりあって それだけで 贅沢感を感じる。
客室も 中庭やラウンジの公共スペースも 温泉も どこも 広々として ゆったりとした開放感が存分に味わえる

敷地内も十分広いが、遠景にみえる 白馬の山々が さらに 雄大さを付け足してくれる。 

Dscf1067

客室棟は カナディアンロッジ風
ツインの部屋の 東棟 と 4-5人用のスウィートの西棟
中央に 芝生の手入れがしっかりした 広い中庭がある。

ところどころにチェアが置かれていて ボーっと座ったり、のんびり散策したり
部屋の窓も大きいので 部屋から中庭を眺めているだけでも 気分がリフレッシュされる

ルームサービスや クラブラウンジはない。
かわりに、 ラウンジとロビーに フリーのドリンクバーが設営されている。
ラウンジは 1階、2階と いずれも パーティーができる広さで、こちらでも 読書をしたり おしゃべりに興じたりと のんびり過ごすことができる

さらに、このホテルでは 放っておかれる 気楽さがある。
一部の都市部ホテルでは コーナー毎にスタッフが配置され、こちらの些細な動作で 要件を聞きに飛んで来る、、、それはそれで 気にかけて貰っている満足感があるけど、 シェラリゾートでは 反対の 気持ち良さがある。

プレイベートの空間と時間を大切にしてくれる、、、ような。

もちろん、リクエストすれば 精一杯丁寧に対応してくれます。 

私達は 滞在中 何をするでもなく、庭を眺め、温泉に入り、食事をして、散歩をする、、、
それだけだったけど、 本当に 身体の中からエネルギーが充電した感じがしました。

お部屋のインテリアは 古臭さを感じ、特に 壁紙や木部の痛みが目立ったのが残念

でも、古民家の温泉 と 充実した食事、 そして ゆっくり流れる時間 が 期待以上の満足な滞在を作ってくれました

できれば リピートしたい ホテルです。

( 続く )
 

|

« 大学練習試合0831 | トップページ | 古民家の湯殿 »

あしあと@東海・北信越」カテゴリの記事

泊まってきました♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学練習試合0831 | トップページ | 古民家の湯殿 »