« 大学リーグ第三週 | トップページ | 大学練習0923 »

2014年9月23日

収納セミナー

先日 収納セミナー に参加してきました
物が片付かない、、、との悩みを持つ方は多く、収納特集の番組や雑誌も多いですよね。
私も 新たな気づきがあったらいいな、、、と思い参加しました。

講師は 平岡さなえ 先生
以前は TVにも多くご出演していましたが、最近は TV出演は控え気味。
TVは キャラが作られてしまうから、、、と 脱線気味のお話もあったりの楽しい セミナーでした。

今回は ハウスメーカーさんの後援もあり、新築・リフォームを考えている参加者もいらっしゃいました。

個人的に印象に残ったお話は、、、
片付かない 理由の 7割は 間取り !

とは言っても 間取りは簡単に変えられない
家に合わせて生活を暮らす工夫をする (賃貸・建売・マンション)し、
自由設計・リフォーム時は 暮らしに家を合わせる発想を という点でした。
そのために、収納スペースのリクエストは具体的に。

平岡先生はこの点をかなり重要に思っていらっしゃるのですが、 TV等の番組では 視聴者の”ウケ”が良い ”片付かない=捨てられない” に焦点を当てることが多いそうです。

私達を取り巻く環境も ファストファッションや 100均グッズ等 安価な商品が増えて購入するものが多くなりました。
一方で 昔あった蔵や納戸がなくなって 収納スペースは 減る傾向にあるそうです。
購入する(できる)物が増えることと 収納スペースの量が 反比例の状態が 最近の ”片付かない”状態を作っている一因

それでも 平岡先生は ”何でも” 捨てることを 推奨はしないそうです。
それぞれに 所有することに 拘りや歓びがあって それをも 捨てるとストレスになってしまうとの 考えから。

無理に 捨てたりすると 必ず ”リバウンド” があるのは 無理なダイエットと同じ とおっしゃっていましたね。

それでも 不要な物を捨てることは必要

整理のルールを決めて見直すこと
平岡先生のルールは 
服は2年着なかったら、
本は5冊たまったら、
食器は1年使わなかったら、、、

私は もう少し 長いかな。

また 押入れ等を整理する時は 一度に中のものを出すと 絶対片付かない とのこと。
一つ一つ 出しながら その時 取っておくもの・捨てるものを 判断する と 必ず 押入れ等元の場所にスペースができるそうです。
これは 今度 試してみる予定

新築時・リフォーム時の収納スペースの具体的なリクエストは 例えば 靴を何足持っているとか、ハンガーにかけたいスーツやドレスが何着あるか とか。
具体的に数字を出すことで 必要な広さも明確になります。
キッチンも 持っている家電の横幅をだすだけでも 必要な広さが明確になって、家電が置けなかったということはなくなります。
あと 納戸等収納スペースに 棚をつける ことを 強調されていました。

1時間と短いセミナーでしたが、参考になるお話を聞けてよかったです。

 

|

« 大学リーグ第三週 | トップページ | 大学練習0923 »

☆住んでみての独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学リーグ第三週 | トップページ | 大学練習0923 »