« 運気に影響 | トップページ | 収納セミナー »

2014年9月22日

大学リーグ第三週

大学リーグは今週3週目に突入。6戦目の対戦相手は目下一敗のS玉工大です。

2mという「高さ」のある一年生が入り、今年のS玉工大はその強さを見せていますが、それならば我々としては「速さ」で対抗したいところ。

試合はお互いマンツーマンで入り、こちらはフォワード陣のシュートが的確に決まり、なかなかの立ち上がり。

ですが相手もミドルを落とさず、我がチームがリードしつつも接戦の内容で試合は進む。

2ピリ以降ではディフェンスの頑張りは見せるも、その後の速攻を出すことが出来ず、前半を27-25と僅差ながらリードして折り返す。

3ピリではそれまで出なかった速攻を出したり、リザーブの活躍もあって得点差を6点まで広げるも、4ピリでは勝負所でスリーやミドルを決められてしまい終盤に逆転を許してしまう。

それでも最後迄戦う姿勢は崩しませんでしたが、最終スコア54-57で敗れてしまいました。
続いて翌日に行われた7戦目。対戦相手はJ武大です。

J武大はS玉工大程ではありませんが高さのあるセンターがおり、しかもこのセンターは幅があるのでパワープレイに注意が必要です

試合は昨日の反省からディフェンスリバウンドから積極的に速攻を出すことを徹底し、非常に良い立ち上がりを見せることが出来ました。

だが簡単に勝利を譲ってくれる程J武大は甘くなく、インサイドがダメならばミドルシュートを効果的に決めてきて、前半を38-31と僅差ながら我がチームがリードして折り返す。

突き放したい後半。速攻を出そうとはしているのですが、なかなか良い形でオフェンスを終えることが出来ず、3ピリを終えて46-45とリードしてはいるものの昨日の惜敗を思い出させる展開に…

ですが、最後はスターターらが力を振り絞りながら得点を奪い、80-67というスコアで勝利することが出来ました。

毎回厳しい内容が続きますが、一次リーグもあと4試合。次週も接戦が続くと思いますが、我がチームらしい粘りあるバスケで戦って欲しいです。

|

« 運気に影響 | トップページ | 収納セミナー »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 運気に影響 | トップページ | 収納セミナー »