« 出雲駅伝中止で 3冠なくなる | トップページ | 踏ん張れるか、中大 »

2014年10月16日

二次リーグ第1戦

大学バスケチームは12日より2次(上位)リーグに突入。

2次リーグは全部で5試合ありますが、ここで全勝すれば上位(2部)への入れ替え戦への可能性が見えてきます。

その大切な初戦。

対戦相手は驚異的な粘りとスピードで1次リーグを3位で終えたG習院大です。

ポイントは相手の得点源であるGF#6とインサイドの要である#9の得点を抑えることでした。

しかし試合が始まるとやる気満々のシューター#6の、ラインからかなり離れての3Pシュートが早々に決まり、この試合における意気込みを感じます。

こちらも負けじと速攻の展開から得点を奪いますが、ここで我がチームのPGが負傷退場となってしまい、リザーブである4年生ガード陣が意地を見せた。

我がチームとしてはスタメンのセンターが先週の怪我の影響で欠場。

ですがここでも4年生センターがスタートを務め、立ち上がりにオフェンスリバウンドやインターセプトで場内を沸かせ、激しい攻防の中でしたが流れをこちらに傾けることが出来た。

こうして1ピリは20-16でリードし、前半終了間際に相手の追い上げからメンタルの弱さが見えたシーンもありましたが、なんとか35-33とリードして前半を終える。

後半もしびれる展開が続きましたが、試合前に徹底したディフェンスの狙いはちゃんと機能をし、3ピリでは3Pシュートで逆転を許す時間もありましたが、ラスト4ピリではリザーブ陣が必死のディフェンスを披露して突き放すことに成功。

最終スコア69-62で2次リーグの初戦に勝利することが出来ました。

次の試合は来週になりますが、次は土日連続しての試合です。この試合でも負傷者が出てしまいチーム状況は決して良いとは言えませんが、良い調整練習から次の試合の準備を行い、チーム一丸で勝利することを期待したいと思います。

|

« 出雲駅伝中止で 3冠なくなる | トップページ | 踏ん張れるか、中大 »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出雲駅伝中止で 3冠なくなる | トップページ | 踏ん張れるか、中大 »