« 今年は1回だけになるか? 勝沼ぶどう | トップページ | 出雲駅伝中止で 3冠なくなる »

2014年10月14日

大ちゃん 競技から引退 ・・・

男子フィギュア界を引っ張ってきた 高橋大輔選手が 競技から引退 

朝のネットニュースで 驚きました。
いつかは、、、と 引退を受け入れる心の準備はしていたはずですが、やはり混乱しています。

今日の午後 高橋選手の地元 岡山倉敷で 地元ファンとの集いが 予定されています。
この日のタイミングは やはり 長年応援してきてくれた 地元の方々に 最初の挨拶を。。。 という 配慮なのかもしれません。

記者会見も 午後と発表されていますから、ファンの集いの前に記者会見なのでしょうか?

大ちゃん、お疲れ様

これからは アイスショーで 競技ルールに縛られない 自身の滑りたい・表現したいプログラムで、 高橋大輔ならではの ”大ちゃん ワールド” を見せてくれることを楽しみにしています。

そう、今日が プロフィギュアスケーター 高橋大輔のスタートの日 と考えれば これも うれしいことです。

今年は 年末に クリスマス・オン・アイス という 新しいアイスショーが企画されました。
大ちゃん ほか 先シーズンで引退した 織田さん、鈴木さん ら贅沢な顔ぶれです。

ここ数年の充実した 日本フィギュアスケート界だからこそ できる アイスショーです
これから 同様の企画が増えることを 楽しみにしたいと思っています

(2014.10.14 午後追記)
記者会見は 高橋さんらしく 実に誠実な会見でした

午前中にネットで配信された続報には ”気力に限界” と 現役から退く決断の理由を報じていました。
イメージとしては ちょっと後ろ向きな報道

しかし、記者会見をみて 高橋大輔のスッキリした表情と 明確な説明を聞いて こちらもスッキリしました。
大チャンの 新たなスタートを 温かく送りだしてあげたいと強く思いました。

今日の引退発表については、今後の進む方向をみつけるためにも 一度 区切りをつけたい と説明しました。
特に ”自分にとってのスケート” を 2,3歩離れたところから 今一度考えてみたい とのこと。

現時点では アイスショーの予定はあるけど、これから 指導者、振付師 等 スケートに関わっていくのか、全く スケートとは別の人生を選ぶのかも わからない
とにかく 1,2年じっくり考えたい とのこと。

高橋大輔らしいな、、、と思いました。

続行か引退かはっきりさせずの 休養期間は どっちつかずで落ち着かなかったのかもしれません。
現役引退後も 一度は 復帰できるし、と 競技生活への可能性も残しましたが、これは ファンへのリップサービスと自分への保険かな

引退して 時折 高橋大輔という選手がいたな、と思い出してもらえたらうれしい と言っていましたが、思わず TV、に向かって 答えていました。

”高橋大輔 は 日本の男子フィギュアスケート史を何度も書き換えてきた選手だよ!
忘れるはずが ない!” 

|

« 今年は1回だけになるか? 勝沼ぶどう | トップページ | 出雲駅伝中止で 3冠なくなる »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年は1回だけになるか? 勝沼ぶどう | トップページ | 出雲駅伝中止で 3冠なくなる »