« 店員は疲弊? | トップページ | 美しい強さ »

2014年10月 2日

大収穫の銀 

アジア大会 卓球女子団体 は 銀メダル
おめでとうございます。

決勝戦の相手は中国
今回も 中国の壁は高かった

しかし!!!
2年前のロンドン五輪と同じ組み合わせ、同じ順位でしたが、 無敵中国に対して、その距離は縮まったと感じた 好ゲームでした。

何より 第一試合で 福原愛選手が 現世界ランク2位の丁寧選手に3-1で勝利したのは素晴らしかった
特に勝利を決めた第4ゲームは 序盤丁寧選手の圧勝ペースだったのを逆転

1,2ゲームの 常に主導権を握ったゲーム運びも頼もしかった

丁寧選手も 中国ベンチもいつもと違う真剣さ が画面を通じても伝わってきました。

そして 真っ向から 福原選手に対峙する 丁寧選手も恰好よかったですね。

一打一打のキレがとてつもなく緊張感を伴って 鳥肌ものの 試合でした。

残念ながら その後の試合では中国の勝利となり、銀メダルで終わったが、

石川選手も 現世界ランク1位の 劉詩文選手 相手に善戦

第3番手には 中2の 平野美宇選手を起用した 日本
確かに試合は力負けしましたが、大舞台でも動じない平野選手は 時折みせる切れ味のある返球に 唸らせられました

結果として 中国が勝利を勝ち取るところが 中国の強さではありますが、 今回 福原選手が 丁寧選手と互角に渡り合い 勝ち切ったことは 女子卓球を新たなステージに上げたのではないでしょうか。

試合後のインタビューでも 完敗や力差を認めたロンドン五輪と違い、悔しさを表すコメントがそれを示していると思います。

リオ五輪までの2年
もちろん 中国勢も 今回の結果を受け 日本選手対策をよりしっかり行ってくるでしょう。
日本国内でも 平野美宇選手らの 次世代の台頭も期待されますし、 平野早矢香選手や若宮選手らベテラン勢の挽回もあるでしょう。

我が家では 今から 来年1月の全日本選手権がすごく楽しみになりました。

|

« 店員は疲弊? | トップページ | 美しい強さ »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店員は疲弊? | トップページ | 美しい強さ »