« 大学リーグ第四週 | トップページ | 大収穫の銀  »

2014年10月 1日

店員は疲弊?

私(兄貴)が現在使っているアイフォンが最近頻繁にフリーズしたり再起動したりと、かなりお疲れ状態ということで、世間を賑わせているアイフォン6に機種変更しようかと思い始めました。

しかしながら、携帯電話の機種変更って分かりにくいものでしたね~。その雰囲気を店頭にて思い出しました。

しかし、そこで目にしたのはアイフォン欲しさに賑わうカウンター。

接客してくる人すらいないので仕方なく実機をいじったり、パンフを探したり…。

数字を見て、相変わらず分かりにくい案内(料金体系)。

他の店舗を回ってみて、店舗によっては若干見せ方が異なっているのですが、基本的には同じ料金体系となっていました。

そうなると空いている量販店がいいのか?やはり通信キャリアの店舗がいいのか?

下取りキャンペーンを適用するにはいずれにせよ通信キャリアのショップに行った方が良いようだが、それならネットで申し込んだ方が早いのだろうか?

各店舗(一部量販店ではそうでもなかったのですが)の担当店員は週末でのお客さん対応で疲れ切ってしまったのか質問をしても「販売への熱意」を全く感じられず、購買意欲が萎えてしまいました。

人気のアイフォン新商品だけに営業の必要の無い営業状態の販売店。こんな状態はいつまで続くのでしょうか。

供給の落ち着いた年末あたりには各社値引き合戦とかあるかもしれませんね。

|

« 大学リーグ第四週 | トップページ | 大収穫の銀  »

ミーな兄貴、ハーなガール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学リーグ第四週 | トップページ | 大収穫の銀  »