« アウトバック!いいね! | トップページ | 新iPhoneを購入 »

2014年11月17日

悔しさ残る ベスト更新

Imga0411昨日は 上尾ハーフマラソン と 日体大記録会をハシゴ観戦してしまった。

日体大の最終組は 高校生も含め 13分台の記録が期待される顔ぶれとなった。

応援している 東海大からも 冨田選手(3年)がエントリー
この日 多くのチームメイトが 上尾ハーフで走っている中での 日体大です。

レース前の表情もかなりしまっていて、自己ベスト(そして13分台)を視野にいれている感じが伝わってきます。

レースは 外人選手がハイペースでひっぱります。
高校生トップクラスの 羽生選手(八千代松陰 2年)と湊谷選手(秋田工3年)が 果敢についていきます。

東海大 冨田選手は 高校生を前に行かせるものの、良いペースで 第3集団前に位置し、十分13分台を狙えるタイムで 周回を重ねます。

羽生選手、湊谷選手のペースが落ちる 一方、 冨田選手や実業団選手らは しっかりとペースを維持し、好記録への期待が高まります

が、4000M手前でのペースアップに 上手く対応できなかった。

Imga0418

一方で 湊谷選手が息を吹き返し、さらに 前半抑え気味だった 八千代松陰高3年の 富田選手も ぐっと前に出る。
高校生同士で競合ったのも 良かったかもしれない

湊谷選手(35) 13分57秒29
富田選手(19) 13分58秒17
と 高校生ながら 13分台の好記録を 出しました。

東海大 冨田選手も ラスト1周で 必死に前を追うが、 13分にわずかに 及ばず 14分05秒23
自己ベスト更新ではありますが、観戦しているこちらも 悔しい 自己ベストでした。
あの 4000-4600付近でのペースダウンがなければ 十分13分台の記録がでていたと思われるだけに、もったいなかった。

Imga0429日体大の最終組には 懐かしい 東海大OBの顔もありました。
栗原俊選手 (自衛隊体育学校 14分21秒84)

こちらは まだ 大学1年次のベストには及びませんが、陸上を続けている姿を観れたことは うれしい限りです。

来年の実業団駅伝走れるかな?
頑張って ほしいですね

(注: 写真は動画のスクリーンショットです)

|

« アウトバック!いいね! | トップページ | 新iPhoneを購入 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事