« 老舗のお菓子屋 | トップページ | 津 都ホテル »

2014年11月 7日

大学入れ替え戦を観る

4年連続での上位入れ替え戦出場を果たせなかった今季。ギャラリーでの見学となりました。

私が観たのは初日の試合で、2部10位のK奈川大VS3部1位のK沢大。そして2部9位のE戸川大VS3部2位のS玉工大の試合でした。

2部最下位とはいえ後半調子の上がって来たK奈川大。機動力や高さもありますから、シュート力があるとはいえインサイドに弱みのあるK沢大は苦戦をするのではないかというのが戦前の私の予想でした。

試合が始まるとその予想は当り、そこそこ接戦にはなるものの勝負所でインサイドを決めてくるK奈川大は常に主導権を握ってきます。

時々ゴール下でイージーミスを見せるところが今季のK奈川大が勝ちきれなかったところではないでしょうか。

結局得点差を詰めることはあってもK沢大が試合をひっくり返すことはなく、この日の試合と翌日の2試合目もK奈川大が勝利をおさめ、K沢大が2部に返り咲くのは来年以降へとなった。

また次に行われたE戸川大とS玉工大の試合では、立ち上がりにE戸川大のプレッシャーディフェンスがS玉工大ガード陣にミスをさせ、ロースコアの展開ながらじわりじわりとE戸川大がリードを奪い、1試合目はそのままE戸川大が勝利した。

ただ、試合途中から雰囲気や接触に慣れてきたS玉工大がイーブンの展開を見せたところから2戦目では接戦になるなと予想。

予想通り2戦目では接戦となった様だが、個人能力の高い選手を数多く擁したE戸川大がしっかり連勝をして2部残留を決めた。

今季の3部リーグは決してレベルが低いわけではなかったが、「高さ」や「接触の強さ」という点で2部に劣っていたのがここに明らかになりました。ですが「シュート力」では決して劣っていなかっただけに、来季も泥臭くトレーニングを積んだチームがここに出場するのかと思うところでした。

と、いうことでK沢大とS玉工大とまた来季も戦うのですね~。下からも強者が上がってくるみたいだし、激戦だぁ!

|

« 老舗のお菓子屋 | トップページ | 津 都ホテル »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事