« 強行出場は感動的なんかじゃない | トップページ | 意味があったの?プレイオフ »

2014年11月10日

高校新人大会観戦

高校新人大会観戦
9日は朝から東京の高校バスケット新人大会を観に行った。

かつて私が現役だった頃に大変お世話になった先輩のチームがこの日戦いました(都立東大和高校)。

この試合は4回戦で、これに勝つと年明けに行われる都大会本戦に出場出来るということで、どのチームも力が入っています。

先輩のチームは普通の都立高校ですからスポーツ推薦などで固めた私学とは異なりますが、流石東京はバスケット人口が多く、バスケット大好きの熱血選手が多少強引なジャンプシュートや多彩なステップを使いながら、応援団も含めて力いっぱい戦っています。

技術の高さムラがありますが、良く練習してここ迄きたのだなぁ〜ということが分かります。

応援の甲斐もあり先輩のチームは勝利し、試合後にはしっかり握手までして帰ってきました。

この後は別の会場を観たりして勉強させてもらいましたが、本当に東京は参加チームが多く、色々なチームがありますねぇ。しかも、そこそこ大きく…。

来期も小さい我が大学バスケットチーム。有望な高校生の入学を期待して、会場を後にしました。

|

« 強行出場は感動的なんかじゃない | トップページ | 意味があったの?プレイオフ »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事