« 津 都ホテル | トップページ | 高校新人大会観戦 »

2014年11月 9日

強行出場は感動的なんかじゃない

昨晩は 気分の良くない フィギュアスケート中国大会の男子フリーだった

練習中に選手同士が衝突して、脳震盪を起こし、一時中断となった男子フリーは、当事者の 羽生選手と ハン・ヤン選手(中国)が予定通り 演技をした

終ってしまったことだし、現時点で その後悪いニュースがなくてほっとしているけど、私は 羽生選手は棄権すべきだったと思う
本人が 出たいと言っても コーチ・スケ連等周囲の人が辞めさせるべきだった

それなりに年を重ねてくると、 強行出場した結果その後のアスリート人生に悪い影響を与えた例をいくつも見ている
今回の例がそうではないことを祈るけど、アドレナリンが出まくっている選手本人ではなく、周囲が冷静に判断して本人を説き伏せなくちゃいけなかった

特に”脳”への影響が心配されることだけに慎重すぎることはない

「試合があれば、満身創痍でも 出場すること、演技すること」が 必ずしも 正しい選択ではない。

羽生選手は ”五輪チャンピオンとしての滑りを見せたい” ではなく ”五輪チャンピオンとして 選手がとるべき選択” を見せて欲しかった

この中国大会は テレビ朝日が一部 生中継していて、画面からは 不気味さというか 異常な雰囲気がヒシヒシと伝わってきた。

会場全体も動揺している中で、こう言ってはなんだが、演技に集中できたのは 羽生選手だけだったんじゃないか
羽生選手の頑固さ・意固地さが 競技会の雰囲気を台無しにしてしまったのは 事実

早くに棄権を明確にすれば 会場のファンも動揺は残っても もう少しリンク上の演技に集中できたと思う。
一旦棄権が伝えられた ハン・ヤン選手も滑らざるを得なかった

他の選手は 状況を完全に把握できている訳でなく、事態を把握しようとする本能が動いて 試合に集中できなかっただろう。
リンク周辺には血痕もあったというから、事態が分からない不安と戦わざるをえなった。

加えて 観客が醸し出す異様な雰囲気
最終グループの演技だというのに、会場が全く落ち着かなかった。
こんな中で 果たして どれだけ集中できたのだろう。

羽生選手はあの状態で 4分半滑ったのは 色々な意味で凄かったと思う
それでも 感動的と評するのは違う

転倒5回のフリープログラム
転ばないだけで ”立ったぁ~” と実況する 演技に 感動的な要素があるのだろうか?
解説者が ”頑張れ” を連呼し、多くのファンが 無事に終わることをひたすら願っているような ”そんな演技” を羽生選手はしたかったのか?

今の状態では ”そんな演技” しかできない、、、を 周囲は諭すべきだったと 思う

羽生選手の頑張りや 完全燃焼しそうな突進ぶりは応援しているけど、今回だけは 応援できなかったな。
余りにも 他の選手に 迷惑をかけすぎたし、 悪い前例を作ってしまった としか 言いようがない。

今は 検査の結果が悪くないことを祈るだけです。

*************************************

(以下 毒吐きです  ご注意!!!)

生中継は いろいろなものを 映し出す

5回の転倒を含め 万全でない 羽生選手の演技に つけられた 得点 と 暫定1位の順位 に 会場の当惑感は 半端なかった

テレビ視聴者としては 解説サイドから ”五輪チャンピオンだから 色んな考慮があると思います” なんて コメントにも 驚きだけど、そのとおりの 得点だったから 尚更異様だった
ハン・ヤン選手が 上手く演技できなくてそれなりの点数だったのとは 対照的。

事故直後に 松岡修造さんが ”同じアスリートとしてやめてほしい” って キッパリ言っていたのに、最後は 180度反対の ””感動をありがとう”的な 発言になったのも ビックリ&ガックリ

まぁ あの異様な雰囲気で 興奮しちゃったのかもしれないけど。
”子供たちに是非見て(見習って)欲しい” じゃなくて ”子供たちは真似してはダメ” が正解だと思う
上にも書いたけど、これは 悪い例 だから。

もしも 録画放送だった このあたりの違和感は 上手く編集されて ”感動ストーリー”作られていたんだろうな

|

« 津 都ホテル | トップページ | 高校新人大会観戦 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

ガールのぼやき、兄貴の嘆き」カテゴリの記事