« 復活の表彰台 | トップページ | 晴天の善光寺 »

2014年12月29日

町田樹選手 競技人生に終止符

フィギュアスケート全日本 最終日は現地で観戦

久しぶりのビックハットは 客席は埋まっているものの、やはり昨年までの 人出とは違って スペースに余裕がありました
トイレも 並ばなくても大丈夫の時間があったし、物販も比較的スムーズに買えました

しかし 競技会は快心のノーミス演技があったり、悔しい失敗があったり と様々なドラマの中、宮原知子選手が 確実で、美しく、さらに 後半に高難度ジャンプを入れる攻めのプログラムで 初優勝

ミスサイゴンの世界を 切なく でも気高く 演じていました

私達は 宿泊がとれなかったので、得点を聞いて 長野駅に

そして 東京に向かう 新幹線の中で 町田選手の 引退の報を 知りました

昨年の大躍進から 更に 究極のプログラムを目指していた今季
余りに潔すぎる、、、
、やりきった感があるのでしょうね

お疲れ様でした
個性溢れる 町田選手の演技には とても楽しませてもらいました
高橋大輔さんに憧れ、追いかけて関西学院大学に進学し、表現力に拘る一方で ここぞの試合でジャンプをミスしていた町田選手ですが、昨年から 安定した4回転ジャンプを手に入れ 強さも備わり、頼もしく思っていました

フィギュアスケートファンとして 応援できて 嬉しかったです
これからの人生に幸あれ!

|

« 復活の表彰台 | トップページ | 晴天の善光寺 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 復活の表彰台 | トップページ | 晴天の善光寺 »