« 金鱗湖を眺める カフェ ラ・リューシュ | トップページ | ティールーム ニコル & Kotokotoya »

2014年12月15日

ガイドブックにない 金鱗湖


カフェ ラ・リューシュで まったり お茶をしている間に 小雨になった
せっかくだから 金鱗湖の周辺を少しばかり歩いた

その日は 今年最初の寒波がやってきていて かなり冷え込んでいた
このため 湖畔からは 湯気が上がって 幻想的な風景を作り出していた

湯の町 湯布院だけに 温泉が湧き出ている箇所が 金鱗湖付近にもあり、温泉と 湖水の温度差で 湯気が昇っている

盆地の湯布院を囲む 周辺の山の頂上付近は 雪をかぶり始めていた

水が綺麗だから 湖畔の風景が湖面に鏡のように映る

ガイドブックにある 緑の多い季節も美しいのだろうが、湖面に湯気が残りながらの景色もなかなか幻想的
写真の建物は ペンション 豊の国

なんか おとぎ話の1ページ目のようで、 ワクワクしてきてしまう。

お天気のおかげで 湖畔でカメラ撮影する人が少なかった

湯布院の冷え込みは 予想以上のものだったけど、この金鱗湖の風景も 全く予想していなかった

ガイドブックは 夏場の写真が多く、ガイドブックでみる金鱗湖とは 全く別物。
この景色 冬にしか見られないと思うと ちょっと 得した気分だった。

|

« 金鱗湖を眺める カフェ ラ・リューシュ | トップページ | ティールーム ニコル & Kotokotoya »

その他のあしあと」カテゴリの記事

あしあと@大分」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金鱗湖を眺める カフェ ラ・リューシュ | トップページ | ティールーム ニコル & Kotokotoya »