« 全選手をライブ観戦の幸せ | トップページ | 遅い新年会 »

2015年1月31日

神奈川高校バスケ新人戦

先週末に 神奈川高校バスケの新人戦決勝があり、男子は1年生中心の桐光学園が留学生擁するアレセイア湘南を破って優勝を決めた

昨年県内では負けなしのアレセイア湘南
留学生フィリップ選手が残るものの、塚本選手らの卒業の穴が埋めるられるのか、注目された
しかし蓋を開ければ、アレセイア湘南は危なげなく、決勝まで勝ち上がった
今年もアレセイア湘南が優勝か、と思われました

一方の桐光学園
ジュニアオールスター 神奈川優勝時のメンバーが多数入学
新田嵐選手を始め、夏季選手権からコートに立つ
新人戦のスタートには、主将の須藤選手以外は1年生
控えに回った2年生が要所に出て来て、流れを変える良い仕事をする

兄貴の予想は、アレセイア湘南の危なげない勝ち上がりから、まだアレセイアじゃないか、、、だった

桐光学園はフィリップ選手に、1年生の植松選手と前原選手を交代でマッチアップさせ、両選手がフィリップ選手を押さえました
時には、ダブルチーム、トリプルチームでフィリップ選手を気持ち良くプレイさせなかったのは、天晴れです

桐光は、オフェンスでも中・外とも積極的で得点を重ねる
途中流れが変わりそうになると、控えの2年生がでてディフェンスを頑張り流れを変えさせなかった
3ピリの終盤、ファールが嵩んみ、FTで点差を縮められた時が一番ヒヤヒヤした

対するアレセイアは、フィリップ選手が最後まで意地を見せた
4ピリには、声をだしての、連続ブロックショツトは流石に迫力あったし、ルーズボールにも転んでも取りに行く気迫のプレーが続く
この試合では、他の選手がその気迫に応えられなかった

桐光学園 83-61 アレセイア湘南

両校は2月前橋で開催される関東大会に出場
どこまで勝ち上がれるか、、、楽しみである

|

« 全選手をライブ観戦の幸せ | トップページ | 遅い新年会 »

#高校・大学バスケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全選手をライブ観戦の幸せ | トップページ | 遅い新年会 »