« 後ろの仲間が必ずこのままつないでくれる | トップページ | 冬のレンタカーには注意 »

2015年1月 4日

今年も女神は微笑まなかった

事前予想は どこも  

”流石に 今年は 駒澤” 

だった

なのに、今年も 勝利の女神は 駒沢大 に 微笑まなかった

前評判の高かった 昨年は、往路で東洋大に先行を許し、エース窪田選手を送り込む前に勝敗を決められてしまった。

今年は 往路から主力をつぎ込んできたが、5区で 青山学院大の神野選手の驚異的な走りにやられてしまった。

さらに その5区で 馬場選手が 低体温症に陥る アクシデントまで。
あわや 途中棄権かと思われるほどだった。

その結果、往路終了時点で 青山学院大とは 7分25秒差
復路を待たずして 優勝は絶望的となってしまった。

恐らく 復路の駒沢大は 復路優勝を目標としていたはず。
各区間の選手が 区間賞が見える 強い意志の走りをする。

しかし 大量リードの 青学大の選手は 6区の村井選手が序盤に硬さをみせた以外は 皆リラックスして力みのない走り
それが 好タイムにつながる 好循環となる流れを 崩すことはできなかった。

結局 復路の 駒大は 3位-2位ー2位ー3位ー8位
区間賞をひとつもとることができず、青学大を上回る区間がなかった
 (青学大は区間賞が3区間、区間2位が2区間) 

今年の 駒沢大は 強かった と思う。
昨年のメンバーを多く残し、 そのメンバー 個々が 一段と強くなっていた。

唯一心配だったのは 不調が長かった 中村選手
その中村選手が1区の接戦を制して 区間賞をとったことで そのまま 一気に行くかと思われた。

昨年と同じ区間を走る選手が 昨年の反省や課題をきちんと対応してきていて、昨年より良いタイム・区間順位だった

それだけに、 5区のアクシデント と 青学大が 完璧なレース運びをした大会だったのが ”不運” だった。

レース後に 村山選手が語った ”やりきった、 青学大が上だった” とコメントが全てだった。

2008年以来 遠ざかっている 箱根駅伝優勝
駒大には いつ女神が微笑むのだろうか。

|

« 後ろの仲間が必ずこのままつないでくれる | トップページ | 冬のレンタカーには注意 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 後ろの仲間が必ずこのままつないでくれる | トップページ | 冬のレンタカーには注意 »