« 万豚記 国立店 | トップページ | そばと膳 田川 »

2015年2月19日

大会プログラム それぞれ

Dscf1227スポーツ大会会場で販売されている 大会プログラム(パンフ)
大抵が 1000円 
大会進行プログラムや組合せ・出場チーム(選手)がのっている。
観戦の見どころや マナーものっていて 1冊あると便利

兄貴はバスケットに関しては ほとんど毎回購入している

この大会プログラム、スポーツによって その充実度が違っていて なかなか 興味深い

個人的見解だが、一番 お得感があると思えるのが 卓球全日本選手権(写真手前)

選手の写真もカラーだし、プロフィール、主要実績等選手紹介が充実
このほか 注目選手、大会のみどころだけでなく、前年大会の模様、主要選手のインタビューまでカラーで掲載されている
卓球通だけでなく、初めての観戦でも 大変に役に立つ
これで 1000円  

バスケットや 駅伝は全国大会になると 雑誌社から特集号の形で 選手名鑑が発売される。
こちらも 1000円前後

大学駅伝は年3回(夏号、秋号、箱根駅伝号)を購入するので、我が家のコレクションも随分たまっています。

バスケットとなると 都・県大会/地区大会も買ってくることが多い
地区大会のパンフは 登録選手と身長・出身校の情報だけで、背番号がついていないことも。
以前は 500円くらいのこともあったけど、最近は だいたい1000円かなぁ~

陸上(インカレ・インターハイ)は 予選からの 結果・記録を書きこめるようになっている。
私は 数年おきに買っています。

全国大会レベルで 卓球のお得感に比べて、個人的に一番がっかりなのが、フィギュアスケートかな。(写真奥)

2年前の全日本選手権
浅田選手最後の大会かも、、、と入場後真っ先に買いにいったけど、がっかりだった。
冊子自体がうすっぺらいし、写真は白黒
読み返す必要もなく、ただ 自分が行ったとの思い出に保存してあります。

フィギュアスケートは 雑誌が充実している影響があるかもしれないが、そちらは 世界と戦うトップ選手中心
やはり全日本のプログラムとして、全国大会を目標として出場する選手のためにも もう少しグレードアップして欲しい

先日の全中では プログラム2000円
高いと思ったけど、スピードスケートと一緒の掲載だったから仕方ないかな。
これも経験です。
数年後に あの全中で観た選手だ、、、ということになるかも。

今年も バスケットを中心にコレクションが増えそうです(すでに 関東新人大会で購入済)

|

« 万豚記 国立店 | トップページ | そばと膳 田川 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 万豚記 国立店 | トップページ | そばと膳 田川 »