« KAZUカップ観戦 | トップページ | 今読んでいるのは… »

2015年3月30日

桜にはちょっと早かった 舞鶴城公園(甲府城跡)

*** 29日に今年の都心満開宣言がでましたね。 ***
*** 地元では 満開一歩手前の感じです     ***

Img_3994

甲府も桜の開花宣言があった(25日)ので 26日朝 ちょっと期待して 甲府の桜の名所のひとつ 舞鶴城公園に立ち寄った

甲府駅から徒歩圏内にある 舞鶴城公園
かつての 甲府城であるが 明治に廃城となった後建物は全て壊されてしまい、一時は葡萄酒製造所や学校が敷地内にあったそうだ。
敷地面積も 約18ha から 6haへ減ってしまった
現在の甲府駅も 県庁等も かつての 城址内 だった

1917年(大正6年)に 甲府市の 砂糖問屋村松甚蔵氏の寄付をもとに 払い下げを受け、県有財産になった 城跡地

Img_3988平成に入り 広く補修工事を進めています
資料を探し出しての復元のため 時間を要する作業です。
甲府城には天守閣がなかったとの説が有力だったそうですが、近年では その説を覆す資料(写真等)も発見されているそうです。
関係者の地道な努力の賜物ですね。

今は 天守台のみ
ここからの見晴らしは素晴らしい
正面に富士山が見えます
また石垣には 巨大な岩を割って使っていますが、その我面から元の岩が推量できる兄弟石もみどころです

Img_4010また 舞鶴城は 東日本最大級と言われる見事で壮麗な野面(のづら)積み高石垣が有名

復元された 稲荷櫓(写真奥)では その復元作業の様子が ビデオで紹介されています。

稲荷櫓の復元にあたっても 石垣の解体から積み直しを行っています。
初めて見る 石垣の復元工事は 大変興味深いビデオでした。

Img_4008復元にあたっては 当時の方法をできるだけ踏襲していて、解体に半年、復元に半年を要した大工事でした。
新しいものを作る方が 簡単だし安価ですが、技術も含め残すべき文化は守りたいものです。

園内は無料で散策できるし 稲荷櫓内の資料展示も無料
この日は ボランティアの方々が 園内の説明をする姿もみかけた。

園内は綺麗に維持されていて 気持ちの良い公園だった

ソメイヨシノは 日当たりの良い場所は 咲きはじめだったが、北面はようやくつぼみがほころび始めたところ

園内には ソメイヨシノも多数あり、石垣が立派だけに 満開の頃は さぞ美しいことだろう
なかなか 良い雰囲気をもった城址跡です

遊亀橋 付近には 早咲の桜が満開で 青い空に映えていて こちらも なかなか絵になる。
甲府市内で 堀が現存するのも この付近だけ
あとは 埋め立てられてしまったそうだImg_4011

甲府駅から徒歩圏ではあるが、敷地内に駐車場はない
(バスと身体に不自由な方専用駐車場はある)
周辺に多数あるコインパーキングを利用することになる。

考えてみれば 甲府駅周辺を散策したことがなかった。
駅から続く武田神社への一本道も 桜が沿道に植えられていた

駅前の図書館も 近代的で オシャレでびっくりした 

|

« KAZUカップ観戦 | トップページ | 今読んでいるのは… »

あしあと@勝沼・山梨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« KAZUカップ観戦 | トップページ | 今読んでいるのは… »