« 山梨県立博物館 | トップページ | バスケの1日でバテる »

2015年4月21日

解体予定のホテル・オークラに行ってみる


今年9月から本館の解体工事が予定されている ホテル・オークラ
8月末には 本館が閉鎖され、2019年春には オフィスも入る38階建の高層ビルになる予定だという。

アメリカ大使館館のすぐ近くのロケーションで 元祖 ホテル御三家だった ホテル・オークラ
館内の和モダンのインテリアのファンは多く、海外からも解体に反対の声があると ネットニュースでも紹介されている

新宿御苑に桜を観に行った折に、立ち寄った

確かに 周辺は 高層ビルが多いし、 ホテル内も 天井の高さなど低く感じるし、本館・別館の連絡路のバリアフリーを考えると建て替え止む無しか、、、とも思う。
耐震性とか 東京オリンピックを控えたビジネスチャンスとか、、、

それでも 実際に ロビーに立つと、和洋融合した ジャパンモダニズムの個性的な雰囲気が無くなるのは なんとも もったいないと思ってしまった。

日本の風土・気候を考えると 欧州と同じには古い建物を維持できないでしょうし。難しいところです。

私達は テラス・レストランで カフェしてきました
ほどほどに 混雑して 優雅なカフェタイムを過ごしてきました。
サービスは丁寧で ゲストと同じくらいスタッフがいたように思います。

(ケーキセットは この季節ならではのレモンパイにしました)

偶然に ネットで かなり格安の宿泊プランをみつけてしまいました。
由緒あるホテルで 固定客もいるでしょうが、新しいホテルが乱立する東京では価格設定にも苦戦を余儀なくされているかもしれません。

時代の流れとは言え、なんとも もったいない気がするのですが、残念ですね。

すでに 各レストランでは 8月閉鎖の予告がされていますが、恐らく 閉鎖前には かなりの混雑が予想されますね。

先日も オーキッドルームがテレビで紹介されていましたが、実に美しい画像でした。
解体前に 行っておきたいな・・・

|

« 山梨県立博物館 | トップページ | バスケの1日でバテる »

お出かけ~東京編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山梨県立博物館 | トップページ | バスケの1日でバテる »