« 3人が入賞 | トップページ | 美女ミステリー »

2015年5月21日

下げ報道したいからって ”嘘”はダメでしょ(怒)

5月18日(月)浅田真央選手が 1年の休養後 競技生活を続行する意向を、ご自身のブログで表明されました。

国内のみならず 世界中の真央ファンに 明るいニュースとなりました。

どんな プログラムに取り組むのか、とても楽しみです。

とは言っても、試合の予定は未定
昨年の世界選手権レベルまで戻してから試合に出る、、、という 高いハードルを自分に課しています。

昨年の世界選手権って ほとんど ソチ五輪の状態と言っているのと同じ
あのレベルまで戻すことが 最初の目標 とは、、、

実際の試合は 年末の全日本選手権が現実的と言われています。

記者会見の様子も 溢れんばかりのマスコミが出席して、真央人気は相変わらずでした

多くの記事が 浅田選手の競技続行を喜ばしいニュースと報じる中、 やはりというか、呆れるというか、早速でてきましたよ
嘘を含んだ 下げ報道

”復帰を決めた真央の前に立ち塞がる壁”
 (THE PAGE 2015年5月18日(月)22時0分配信)
**同記事へのアクセスが増えるのが嫌なので、リンクは貼りません

その中の 元フィギュアスケーターで 現在はコーチとして選手を育成している 中庭氏のコメント

現在、プログラムに3回転、3回転を入れることが常識になりつつありますが これまで浅田選手は、そういうプログラムを組んでいません。また、元々、ジャンプに入る前の構えが大きかったのですが、ロシア勢は、ほとんど、そういう無駄な動きがなく流れるようにジャンプを飛びます。浅田選手は、ルッツジャンプについても課題がありました。今後、トリプルアクセルを飛べる選手はさらに増えるでしょう。同時にジャッジもジャンプの踏み切りや回転を厳格に採点するようになっています。
そういう世界のジャンプ技術の進化に、どこまで対応できるか。

"復帰を決めた真央の前に立ち塞がる壁"
2015年5月18日(月)22時0分配信 THE PAGEの記事より中庭健介氏の言葉を一部転載

中庭氏は 何を言いたいのでしょう???
どうして こんな嘘のコメントを提供するのでしょう?

3回転ー3回転を入れたプログラムを入れていない???
まだまだ記憶に新しい ソチ五輪のフリープログラムで 浅田選手は3回転フリップー3回転ループを跳んでいたではありませんか!!!

2013年の四大陸選手権でも ジャンプ矯正後久しぶりに3回転ー3回転のジャンプをプログラムに組み入れ、私も 喜んで ブログの記事にしました。

まったく、どういう趣旨で発言をされたのか?
あるいは 間違って文字化されたのかわかりませんが、悪意を感じますね

厳しい言葉を綴るのも、批判的なコメントも、叩く記事も まぁ報道の自由ですが、そこに嘘を織り込んでの下げ報道はいけませんね。
炎上商法狙いのつもりなのでしょうか?
見苦しいです

中庭氏も 今回が初めてでないだけに、故意に間違った情報(3回転ー3回転のプログラム構成でない)を流しているのかと疑ってしまいます。
これが 現在 コーチとしてスケート界に係っている人からですから、情けないですね。

競技生活を続けることに困難が待ち受けていることは 浅田選手当人が一番わかっているはずです。

浅田選手自身も
「上手く行けば試合に出られるかもしれないですし、上手く行かなければ試合に出られない事もあるとコーチから言われています。
今は道半ばなので、試合に出ますと断言する事は出来ません。(ブログより)」
とコメントしています。

(2015.05.25 追記)
苦情が多かったのでしょうか、現在の同記事(news.nifty.com/cs/sports/athleticdetail/thepage-20150518-05182s/1.htm) は これまで浅田選手は、そういうプログラムを組んでいません。”  の箇所を削除しています。

|

« 3人が入賞 | トップページ | 美女ミステリー »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

ガールのぼやき、兄貴の嘆き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3人が入賞 | トップページ | 美女ミステリー »