« 分かっていても腹が立つ ”嘘”報道 | トップページ | 練習試合0607 »

2015年6月 8日

偕楽園

01dbf64185363c2b20bf96c163ec8bcc65e

水戸と言えば 偕楽園
偕楽園 といえば 梅

とは言え、この時期の 偕楽園もなかなか 清々しく 気持ち良い散策を楽しむことができました。

写真は 偕楽園の正門にあたる 表門
修理を経てはいるが 当初の松材も多く残っているという。

なかなか雰囲気のある素敵な姿
なのに、意外と人気がない表門
多くの人が 園の反対側にある 東門を利用していると思われる。

偕楽園には無料の駐車場が充分用意されている
ほとんどが、線路側・千波湖側で 駐車場から表門は一番遠い門となっていしまうからかもしれない。
0144660f5cd3e3b8d20957285786a1cf363

この表門の奥にあるのが 孟宗竹林と大森杉
この季節の 偕楽園の見どころエリアだ。

孟宗竹は まさに破竹の勢いで 新しい竹がニョキニョキと成長していました。
そのまま成長させていくもの、途中で切っているもの、、、ときちんと管理がされていました
土を良く見ると、まだ盛り上がりかけた箇所があって、翌日にはここからも竹がでてくるのでは・・・

竹林も杉林もマイナスイオンたっぷりで 気持ち良かった。

0152ed501f50b55a1c8d26b356292f57f2d今回 有名な梅林はほぼ素通り

有料の好文亭(別記事)を見学してから 見晴広場へと散策を楽しんだ

偕楽園は周辺の公園から一段高台にある。

なので、 好文亭・見晴広場からは 千波湖越しに水戸方面を眺めることができる

当日はあいにくの天候だったが、それでも 気持ち良い景色だったので、好天日の眺めはかなりのものだろう

園内は木々の手入れはもちろん清掃も行き届いている01a353e61442a9c00859789c1890c5bbb0b

徳川斉昭設計の好文亭以外は無料
無休の施設で、開園時間も 夏季は 6時から19時と長い

もちろん 梅の季節は見事だろうが、それ以外の季節でも十分見ごたえがあり、楽しめる施設だった

秋は 萩の花や モミジが美しいそうだ

 

|

« 分かっていても腹が立つ ”嘘”報道 | トップページ | 練習試合0607 »

お出かけ後のふたり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 分かっていても腹が立つ ”嘘”報道 | トップページ | 練習試合0607 »