« 順調な復帰を期待 | トップページ | スコーンの店 ラ・ターブル・ドゥ・イズミ »

2015年6月 2日

来週末から本番!

連休明けから本格的に指導を始めた中学バスケチーム。

途中体育祭の関係で思うように練習することが出来ませんでしたが、私が指導することで途中脱落した者は無く、選手達は楽しく練習に臨んでくれています。

そして練習自体は比較的初歩的なところからスタートして、パスやシュート、そしてセットオフェンスやチームディフェンスまで練習をするところまで来ました。

本来ならばマンツーマンディフェンスを中心とした地味な練習を積み重ねて、夏の本番を迎えるところなのですが、今回は急きょ決まった指導なので時間的な余裕はありません。

最初に気になった「パス力の無さ」「ミドルエリアでのシュート力の無さ」は日々の練習の中でかなり普通レベル(地区レベルですが)にまで戻ってきたと思います。

そしてチームの持ち味である「機動力」を生かす為の約束も練習で反復を始めました。

この時期でそんなことを言っていて大丈夫なのか?自分でもそう思います。

ですが、男子は途中で何かきっかけがあれば急に成長するものですし、そのきっかけが本番の試合中に起こることもあるのです。

気になる初戦は来週末(予定)。課題でもあるマンツーマンディフェンスも現在必死に取り組んでいるところで、今週はこれ以外に対ゾーンで使うシュートの練習に取り組もうと考えています。

1回目よりも2回目、3回目の練習の方が内容が良くなっている中学チーム。彼らの学習能力に期待をし、ギリギリまで彼らの可能性に懸けたいと思います。

|

« 順調な復帰を期待 | トップページ | スコーンの店 ラ・ターブル・ドゥ・イズミ »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 順調な復帰を期待 | トップページ | スコーンの店 ラ・ターブル・ドゥ・イズミ »